一人暮らしの洗濯機の選び方

失敗しない洗濯機選び

洗濯機

 

一人暮らしの必需家電で冷蔵庫と並んで高価な買い物になるのが洗濯機です。コインランドリーに頼るだけでは日々お金と手間がかかってしまうため、快適な生活に洗濯機は欠かせません。

 

失敗しても簡単に買い換えるわけにもいかないので、部屋とライフスタイルにピッタリの洗濯機を選ぶようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

設置スペースとサイズ

洗濯機は水漏れが起きるため、部屋でも設置場所が限られます。防水パンがあるならそこが洗濯機置き場になるので、事前に確認しておきましょう。室内か玄関わき、ベランダあたりが主な設置スペースになります。

 

置き場所が限られる以上、サイズも決めておきたいです。防水パンのサイズ60cm×80cmをひとつの目安にします。一人暮らし用の小型洗濯機(容量4.2kg)なら幅×奥行が60cm×60cmほどです。

 

容量

一人暮らし向けの洗濯機の容量の目安は4〜5kgです。洗濯機に負担をかけずにキレイに洗うなら容量の80%が最適ですから、小型洗濯機でも一度に3〜4kgは洗濯できます。

 

1日に出る洗濯物の量がおよそ1kg程度なので、2〜3日に1回使うのが自然です。忙しくて週に1回しか洗濯できないならもっと大きい容量を選ぶべきですが、設置スペースが許さないなら妥協しないといけません。

 

縦型かドラム式か?

洗濯機には縦型とドラム式がありますが、一人暮らしでは縦型が主流です。価格や置き場所の都合を考慮したら自然と縦型を選ぶ形になることもあります。

 

縦型

コンパクトで価格もお手頃です。容量4.2kgなら3万円ほどで手に入ります。洗濯時間も短くすみますが、乾燥時間は長いのが難点です。衣類が絡みやすい、水道料金が高くなるというデメリットもあります。

 

ドラム式

衣類が絡みにくく、節水効果が高いです。乾燥時間も早いため、機能だけで比べるなら縦型より優れています。ただ、一人暮らし用となると容量・サイズともに大きいため、それなりの設置スペースが必要です。

 

もともとの価格も高く、小さい容量でも6kgからなので「4kgの安いドラム」といった選択肢はそもそもありません。一人暮らし用で選ぶならプチドラム(6kg)になります。

 

タイマー機能

一人暮らし用の洗濯機で重要度が高いのがタイマー機能の有無です。日々の学業や仕事にくわえて炊事、洗濯も一人でしないといけないため、部屋にいる時間を有効活用するならタイマー機能は欠かせません。外出前にあらかじめセットしておけば帰宅後もすぐに干せるので、効率よく洗濯ができます。

 

夜に洗濯して隣人とトラブルに・・なんてこともならないので、タイマー機能は注目しておきましょう。

 

干す場所で選ぶ

干す場所が選べるなら部屋干しか外干しかをあらかじめ決めておきます。ベランダがないなど、部屋干しせざるをえない状況なら、乾燥機能があるほうが便利です。

 

乾燥機能

送風による乾燥機能は標準でついていることは多いですが、これだけでは完全に乾きません。干すスペースがあまりない場合や部屋干しメインなら乾燥機つきが役立ちます。

 

乾燥機能の有無で価格にも差がでてきますが、花粉症やハウスダストに弱い人、空気が汚れている場所に住む人はあったほうが快適です。

 

ヒートポンプ式と呼ばれる優れた乾燥機がついた洗濯機なら乾燥時間が短く、水道代・電気代も節約できますが、容量・価格もトップクラスのため、あまりおすすめできません。一人暮らしで乾燥機つきを選ぶならヒーター式が無難です。

 

静音性

洗濯機の音が気になるなら静音性も気にしておきます。40dB代なら許容範囲ですが、設置場所や間取りによって変わる点は注意が必要です。

 

また、洗濯機は音というよりも回転中の振動のほうが響きやすいため、静音性が優れていても設置する時はあらかじめ振動防止をしておくといいでしょう。

 

タイマー機能を使って自分にとっても隣人にとっても音がわずらわしくない時間に回すほうが楽ではあります。

 

その他

洗濯メニューボタンにもメーカーごとに違いがあるので、よく使うであろう機能がついたものを選ぶといいでしょう。洗濯槽はステンレス槽だと黒カビが発生しにくいです。ただし、マメな掃除や湿気対策が不要なわけではありません。

 

基本的にはサイズと容量から縦型かドラム式かを決めて、タイマーの有無を確認したら後は好みで選ぶと納得できるはずです。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加