賃貸住宅の仲介手数料の意味と金額の目安

仲介手数料の意味

硬貨と紙幣

 

仲介手数料とは、読んで字のごとく仲介してもらった不動産会社に対して支払うお金です。部屋探しをしていると当然のように目にするお金ですが、不要なケースや金額が高くなるケースもあるので、正しい意味と金額が変わる理由を覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

仲介手数料が不要な物件

わたしたちが部屋探しをする時は一般的に不動産屋をまずあたりますから、「仲介してもらう」の意味がわからないかもしれません。

 

借りる部屋の多くは不動産屋が直接貸しくれるわけではなく、持ち主である大家さんがいます。部屋を貸す大家さんと借りるわたしたちの仲介をしてくれるのが不動産会社なわけです。ですから、通常の部屋探しでは仲介手数料はほぼ必須の費用になります。

 

言い換えると、仲介業者にあたる不動産屋を頼らなければ仲介手数料なしでも部屋を借りることは可能です。ただし、手間も多く知識も必要のためあまりおすすめしません。

 

仲介手数料の金額

仲介手数料の上限は家賃の1ヵ月分です。これは法律上の上限なのでそれ以上にはなりません。業者によって違いがありますが、もっと下がることはあります。

 

家賃の1ヵ月分以外だと半月分に設定しているところが多いです。敷金や礼金も家賃を基準に金額が決まることが大半なので、最初に決める家賃は一人暮らしにかかる費用全体に大きく影響します。

 

マレに仲介手数料という言葉が見当たらず無料と勘違いしてしまうような部屋があるかもしれません。仲介手数料は性質上、紹介料、斡旋料にあたるので、そうした言葉が仲介手数料になっていると判断できます。専門的には媒介(ばいかい)とも言うので、「表記がない=タダ」と早とちりしないように注意です。

 

また、礼金なしの物件では仲介手数料が上限になっているケースもあります。仲介手数料の上限と礼金1ヵ月分ならどちらも支払うお金は一緒です。タダより高いものはありません。

 

万が一、仲介手数料が上限以上だったり、仲介手数料を払ったのに紹介料や斡旋料という名目のお金を請求されたらきちんと指摘できるようにしておくのが大切です。特に契約を交わした後だと色々と面倒なので、事前に知識をもっておく必要があります。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加