部屋の鍵を紛失した時の対処法

鍵をなくした時の対処法

部屋の鍵

 

帰宅して部屋に入ろうとした時に鍵をなくしたことに気づく人は多いです。実際に経験してみるとパニックになってしまうこともあるので、冷静に行動できるように鍵を紛失した時の対処法を覚えておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

いつ鍵を使ったか

失くしたと思って慌てて業者に連絡。無事に部屋に入ってカバンをあけたらひょっこりでてきた、というケースはよくあります。ただ、やみくもに探して見つからないと余計に混乱するので、まずは落ち着いて最後に鍵を使ったのはいつかを思い出しましょう。

 

玄関のカギを閉めてから外出先で鍵を出す場面はあまりありませんが、たとえば財布やカバンにいれているなら、外で落とした可能性があります。キーケースにまとめている場合であっても丸ごと置き忘れることだってあるものです。

 

思いあたる場所があるなら連絡をいれて、紛失か盗難かをハッキリしておくと後で交換が必要な時の負担も変わってきます。

 

とにかくすぐに部屋に入りたい

とりあえず部屋に入りたい場合は、大家さんか管理会社に連絡をします。どちらも万が一の時のためにスペアキーをもっているので、電話して開けてもらいましょう。連絡先は事前に携帯や手帳に控えておくべきです。

 

深夜の遅い時間帯で管理会社に連絡がつかない時は、専門の解錠業者に頼む以外の方法はありません。お金がかかるのはともかく、身分証明書も必要なので注意です。業者によっては部屋の住人である証明や第三者の立ち会いを求めることもあるため、無理ならその日は友人の家に泊めてもらうなどして凌ぎます。

 

業者に解錠を頼んだ場合の料金は1万〜2万円ほどです。ほとんどのカギを開けてくれますが、型番がわからないと時間がかかることもあるため、鍵の型番とタイプくらいは把握しておくとスムーズに開けてもらえます。

 

鍵をなくさない方法

万が一鍵をなくしても管理者に連絡がつけば部屋には入れますが、そもそも失くさないようにするのが肝心です。鍵をなくす人はポケットにいれてそのまま紛失というパターンが目立ちますから、直接ポケットに入れるのはやめておきましょう。

 

鍵を入れる場所を財布や手帳にしている人もいますが、これも危険です。特に財布ごと盗まれたり失くしたら、二重三重に悪用される恐れがあります。

 

スペアキーを玄関の周辺や郵便受けに入れるのも防犯面で好ましくありません。空き巣の被害にあうリスクがあがります。

 

結局のところ自分で気を付けて管理するしかないですが、よく失くす人はチェーンでつなげておくと落とす確率はグッと下がります。

 

ジャラジャラするのがキライな場合は、鍵を常に所定の位置にしまうのが大切です。部屋での置き場所と外出時にカバンのどこにいれておくかを決めて常にそこにしまうことを心がけます。

 

毎回、違う場所に置いたりしまうのも紛失の原因なので、鍵の専用ポジションを作っておくのは効果的な対策です。カードキーの場合も同じ方法で管理します。

 

紛失による鍵の交換費用は借主負担になってしまいますから、余計な出費に泣かないためにも貴重品の管理は気をつけましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

停電時の対処法
停電した直後の適切な行動と対処法を原因別にまとめています。
ゴキブリ撃退法
ゴキブリがでない環境づくりのポイントと出現時の撃退方法をまとめています。
クモ・クモの巣対策
賃貸住宅のクモ対策とクモの巣の除去方法をまとめています。
騒音トラブル対策
騒音トラブルを避けるための対策と防音性をあげる部屋づくり、もめた時の対処法をまとめています。
部屋の臭い対策・消臭術
賃貸住宅の場所別ニオイ対策と身近なものでできる消臭術をまとめています。