一人暮らしのテーブルの選び方

部屋に置くテーブル選び

お洒落なローテーブル

 

一人暮らしの部屋にはテーブルがないと不便ですが、大きすぎるテーブルを部屋のど真ん中にドンと置いてしまうと他のものを置くスペースがなくなってしまいます。

 

テーブル自体の種類も豊富な上に、椅子を使うのか?ソファを置くのか?といったスタイルによって選び方も変わるので、購入前にポイントを確認しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

基本はローテーブルから選ぶ

ダイニングテーブルにイスを並べれば食事をゆっくりとることができますが、よくある6畳の一人暮らしの部屋に置いたら他のものが何も置けません。

 

背の高いテーブルは部屋を狭く見せてしまうため、部屋が複数ある場合や広い時を除き、一人暮らしでは基本的に高さが低いローテーブルから選びます。

 

高さ

ローテーブルといっても高さに違いがあります。高さを決める時には、使用スタイルと用途の2点を考慮すると失敗しません。

 

スタイル

ソファをテーブルと一緒に並べるのか、座卓として使う(直接床に座る)のかで適切な高さは変わります。床に座って使うなら40cm以下のテーブルが使い勝手がいいです。

 

ソファを置いて使いたい場合は、60cm程度の少し高めのテーブルを選ぶとレイアウトをする時もまとまりができて落ち着きのある部屋になります。

 

座椅子を置く場合は両方の間をとって40〜50cm程度の高さが基準です。

 

用途

スタイルとあわせてテーブルの使用用途も事前に考えておきたいです。スタイルが違うということは自然と用途も変わってきます。

 

座って食事スペースとして使う場合とソファをあわせたカフェスタイルでは、使い勝手も高さも違うため、どちらかに合わせないと不便です。

 

飲み物や雑誌類、テレビのリモコンを置いておく程度なら35cmほどの高さで十分ですが、食事スペースやデスクとの兼用なら40cm以上あったほうがいいでしょう。

 

サイズ

高さと同じく机のサイズも使い勝手を左右する要素です。基準となるのは横幅の長さで、80cm〜130cmあたりが候補になります。130cm以上のテーブルは一人暮らしの部屋には大きすぎです。

 

サイズも普段の用途が決め手ですが、一人暮らしのテーブルは食事、モノを書く、PCとデスクの代わりとして使うのが大半になります。なので、横幅130cm以下のテーブルから後は部屋の広さを考慮して選ぶといいでしょう。

 

確保するスペース

テーブルの前に座った時、30cm程度のスキマがあると窮屈に感じません。人が座るスペースとしてテーブルの周囲にはおよそ60cmはスペースが必要です。サイズを決める時には部屋にこれだけの広さが確保できる余裕があるかも見ておくと、キレイに収まるテーブルが選べます。

 

ソファを置く場合はテーブルまでの距離+ソファのサイズほどのスペースが必要です。

 

天板

天板の形も色々なものがありますが、候補となるのは丸型か四角です。丸型はいわゆるちゃぶ台のようなテーブルで、友人が多く来ても柔軟に使うことができます。ただし、壁につけておくとデッドスペースができるため、空間の有効利用には不向きです。

 

一方、四角形のテーブルは2〜3人程度なら問題なく使えます。壁につけて設置することもできるので、一人暮らしなら特にデメリットはありません。

 

素材

天板およびテーブルの素材も多種多様ですが、ガラスか木製を選ぶのが無難です。天板が木製だとテーブル自体も木製になっているのが大半で、どんなレイアウトにも合いやすくなっています。

 

ガラス製の天板はスタイリッシュかつお洒落で、サイズが少し大きくても圧迫感を与えません。好みで選んでも問題ないですが、少しでも部屋を広く見せたいならガラス製がおすすめです。

 

コレクションテーブル

ガラスの天板はディスプレイ性にも優れていて、引き出し付きのコレクションテーブルなら、収納場所も増えてインテリアとしても活躍します。お洒落さを重視するなら候補にしてもいいでしょう。

 

その他

テーブル選びで考慮しておきたいその他の項目や注意点をまとめます。

 

軽いもの

重たすぎるテーブルでは引っ越しや掃除の時に動かすのが大変です。自分一人でも抱えれる程度の軽めのテーブルにしておくと邪魔な時もすぐにどかせます。

 

脚がたためるか

常に部屋に設置しない場合や食事の時だけ出すという場合は、脚が折りたためるタイプを選ぶといいでしょう。この時も軽さは重要なので、あわせて気にしておきたいです。

 

コタツ

一人用のコタツをテーブルと兼用する方法もあります。注意点は、春から秋にかけてのオフシーズンにコタツ布団を収納するスペースがあるか?です。

 

また、コタツをテーブルとして使っても大半の作業は問題なくできますが、PCを上に置いた状態でコタツの電源を入れると熱が伝わり故障の原因になります。

 

コタツをテーブル代わりにするなら、小さ目のパソコン用デスクを別に用意することも検討しましょう。

 

ダイニングテーブル

1DK以上でダイニングテーブルを別に置きたい場合は一人用の小さ目のサイズを選びます。テーブルのサイズと部屋の広さにあったイスも必要ですが、セットになっているものなら失敗しません。

 

ローテーブルでもダイニングテーブルでも、配置したら一気に部屋が窮屈になる可能性もあるので、他の家具や家電を設置してテーブルの置き場所が決まってから購入するのも一案です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加