一人暮らしのソファの選び方

失敗しないソファ選び

ソファ

 

一人暮らしの部屋に置く家具の中でもソファはかなりのスペースを必要とするものです。値段も決して安いものではありませんから、購入後の失敗を避けるために事前によく吟味しておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

サイズ

6畳一間では置くスペースがほぼないので、ソファの購入を検討している人は部屋に広さがあるはずです。ソファ自体のサイズというより、一人掛けか?二人以上座れるものがいいのか?で大きさもある程度決まってきます。

 

気をつけたいのは搬入する時のスペースです。部屋に置くスペースがあっても搬入できないと無駄になってしまいます。玄関や通路といった室内の幅だけでなく、建物全体のエントランスホールや階段、エレベーターといった共用部分のサイズも見ておき、スムーズに搬入できるサイズを選ぶようにしましょう。

 

ソファの形状

ソファのフォルムは単純にデザインの好みの問題だけではなく、使い方にも影響します。あらかじめどのような感じで使いたいかを決めておくと、形状選びもしやすいです。

 

2人で使う or 横になりたい

2人でゆったり座ったり1人で横になって使いたい場合は、アーム(ひじ掛け)が背もたれよりも低いタイプが丁度いいです。人気も高く、いわゆるソファというとこのタイプを選ぶ人もたくさんいます。

 

背もたれとひじ掛けが同じ高さ

背もたれとひじ掛けの高さが同じタイプは寝ころぶ態勢には不向きです。ただ、ひじ掛けがしっかりしているので、背もたれの代わりに使って足をソファの上に伸ばす格好をしたい時に役立ちます。

 

コンパクト+シンプルタイプ

部屋に圧迫感を与えないシンプルなデザインを選ぶなら、ひじ掛けがついていないタイプを選びます。壁にくっつける形で配置すれば、壁を背もたれの代わりにすることも可能です。コンパクトにまとまっているため、一人暮らしの人に選ばれています。

 

L字型

最初からL字型になっているソファ以外にも、オットマン(足置き)とセットでL字型にできるタイプもあります。動かせるタイプならレイアウト変更も簡単です。大勢が集まる時には便利ですが、一人暮らしで普段使うには大きすぎて場所をとるのが難点です。

 

素材

ソファの素材は大きくわけると布地か革張りがあります。どちらも一長一短あるので、特徴を把握しておくといいでしょう。

 

布地

布地のメリットはカラーや柄の種類が豊富な点です。インテリアにこだわる人には選択肢の多さが魅力になります。取り外し可能なカバーリング仕様なら洗濯・クリーニングも可能です。

 

衛生面はレザーに劣ります。もともと布地ですからホコリやハウスダストがつきやすく、カビやダニができる可能性も否定できません。マメな掃除とあわせて普段から汚れがつかないように注意して使う必要があります。

 

革張り

使えば使うほど味がでる革張りは高級感、清潔感が魅力で、部屋全体に落ち着いた雰囲気を与えます。カラーバリエーションも意外と多いです。

 

直射日光が当たる場所や暖房器具のそばを避けるといった配置の工夫は必要になります。価格が高く、気軽に購入できないのがデメリットです。

 

高さ

ソファの高さは単体で考えるよりもテーブルの高さで決めるほうがバランスよく配置できます。

 

テーブルが40cm以下

テーブルの高さが40cm以下なら、ソファと床の両方に座れる状態で配置するとテーブルもソファも有効活用できます。

 

ソファの高さは30cm程度のロータイプを選び、テーブルの前に50cmほどのスペースを空ける配置にするとソファの上でも床の上でもくつろぐことが可能です。

 

テーブルが40cm以上

テーブルが40cm以上になる場合は、カフェスタイルにするのがバランスとしては無難です。ソファとテーブルの間は30cm程度空けておき、基本的に床には座りません。

 

40cm以上の高さがあるソファを選べば、無理なく足を伸ばすことができテーブルに手も届きます。テーブルがもっと高くなるようなら、ソファよりも椅子を用意する方がいいです。

 

収納つきソファのススメ

一人暮らし用にソファを購入するなら、注目したいのが収納機能の有無です。ソファを置く余裕があるくらい広い部屋といってもスペースは限られています。収納場所が多いに越したことはないので、収納つきソファは検討の価値ありです。

 

ソファは部屋に置いたら一気に窮屈に感じてしまう可能性もあるため、選ぶサイズや購入するかしないかで迷っている場合は他の家電や家具の配置を先に決めるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加