敷金・礼金の意味と違い

敷金・礼金の意味を知る

電卓と家の模型

 

部屋探しをしていると当然のようにでてくる敷金・礼金ですが、初めて一人暮らしを始める人は言葉の意味がよくわからないかもしれません。

 

敷金・礼金0という表現も一般的になっているので、それぞれの意味と違いを知っておくのも大切です。

 

スポンサーリンク

 

敷金の意味

敷金とは簡単に説明すると担保です。

 

部屋を不特定多数の人に貸す側には色々なリスクがあるため、何かあった時のための担保が敷金になります。たとえば、部屋を乱暴に使われて壊された時や家賃を滞納して払ってくれない時などに修繕したり家賃の支払いにあてるお金が敷金です。

 

法律上は借主(部屋を借りるあなた)に債務不履行がなければ返してもらえるお金で、借り手の目線で言うなら一時的に預けているだけのお金です。債務不履行とは簡単にいうと約束をやぶるという意味で、大事に使う約束の部屋を壊す、払う約束をした家賃を払わないなどは債務不履行にあたります。

 

敷金は貸主にとっては万が一の保証になりますが、借主にとっては保証にはなりません。
貸主が敷金から家賃分をとるのはOKですが、借主が「今月家賃払えないから敷金から払ってください」というのは法律上認められないからです。

 

まとめると、敷金は貸主にとっての保険であり、借主にとっては預けたお金となります。

 

名称の違いと返金額

敷金は保証金という呼び方をされることもあります。関東圏では敷金、関西では保証金と言うケースが多いですが、どちらにしても意味は同じで本来は返金されるお金です。

 

ただ、返金されるといっても最初に支払った金額がそのまま返されることはあまりありません。あまりにも悪質で敷金の返還に一切応じない業者と裁判沙汰になるケースもありますが、通常の業者でも全額返金は少な目と思っておくほうがいいです。

 

敷金は退去する時の清掃代にあてられることも多いですし、借主側からしたら壊したというほどではないキズやへこみなどの修理にも使われます。そのため、自分が思いもよらないところで敷金が引かれていたりして、最終的に返してもらえるお金が減ることは珍しくないです。

 

金額に納得できない場合は、何にいくら使ったか?をきちんと教えてもらう必要があります。トラブル解決は手間も多く、全額返金されるよりも結局お金がかかったなんてことあるため、敷金は返ってくるお金という説明を鵜呑みにしてまるまる戻ってくると思わないほうが気持ち的にはラクです。

 

礼金の意味

礼金とは言葉があらわす通り、謝礼金です。
部屋を貸してくれたことに対するお礼の意味を込めて支払うお金で、古い慣習が今も続いているために存在しています。

 

戦後に住む場所すらなかった人たちに住居を提供して、感謝でお金を支払ったのが礼金のはじまりだそうです。現在は賃貸物件もたくさんあり借主も幅広い選択ができるため、礼金の必要性に疑問もあるかもしれません。

 

引っ越しシーズンならともかく、閑散期なら貸主が借主に感謝してもいいくらいですから・・
こうした考えは実際に反映されていて、春先や秋の引越しシーズンには礼金が必要だったり高くなったりする一方で、閑散期には同じ部屋が礼金0で借りれることもあります。

 

礼金の有無を条件に入れるかどうかは個人の気の問題でもあるので、礼金0の部屋探しをしても問題ありません。ただ、気の問題といっても礼金を必要とする業者も少なくない上に、地域のルールなどもあって、礼金0が叶わないこともあります。

 

極端に礼金0にこだわりすぎると思わぬ落とし穴にはまることもあるので注意です。たとえば、礼金は0だけど仲介手数料が高いといった場合があります。

 

また、契約の定めで支払わないといけない場合は感謝の気持ちとかの問題でもありませんから、払わないといけません。

 

それぞれの違い

敷金と礼金はセットのようになっていますが、まったく別物です。敷金は預けているお金で返ってくるもの、礼金は返ってこないお金でまったく意味が違います。どちらも0の物件はありますが、礼金だけ不要で敷金のみ必要というケースもあります。

 

支払う金額はともに家賃を基準としているものの、敷金なら1ヵ月分から3ヵ月分程度、礼金なら多くても2ヶ月分で0も少なくないです。

 

部屋を借りる時にはどちらが戻ってくるお金なのか?だけ理解しておけば問題ありません。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加