病気の時に口にしたい!薬の代わりになる食べ物

病気の時の栄養補給

白衣の女性

 

病気で体調が悪いと食欲もなくなりますが、何も口にしないと回復がおくれます。

 

とはいえ、無理して何でもかんでも食べるのはこれまた体調悪化の原因になるので、症状にあわせて改善を手助けする食べ物を選びましょう。

 

また、「吐き気と頭痛」「発熱と咳」といった具合に複数の症状があって薬を一度に服用できない時も食べ物が症状緩和に役立ちます。

 

スポンサーリンク

 

薬の代わりになる食べ物

風邪のひき始めにタマゴ酒

風邪をひいた時に体を温める定番レシピがタマゴ酒です。卵1個と砂糖小さじ1〜2杯を混ぜて、レンジで温めた日本酒1カップを注ぎます。

 

お酒が飲めない人は、卵に温めた牛乳とハチミツを加えたエッグノッグ(本来はラム酒も加えるがいれない)を飲んで体を温めましょう。

 

柿でビタミンCを補給

風邪の時は身体の抵抗力を高めるビタミンを摂取するのも大切です。

 

ミカンなどの柑橘系フルーツでビタミンを補うようにしましょう。ミカンの皮には発汗作用があり、解熱にも効果があります。

 

特にビタミンCが豊富に含まれているのは柿です。食欲がない時や二日酔いで気持ちが悪い時も必要な栄養を効率よく摂取できます。

 

咳止めにハチミツ大根

咳がひどい時におすすめなのがハチミツ大根です。輪切りにした大根がヒタヒタになるまでハチミツを加えて2時間ほどつけ置きしてからハチミツを飲みます。

 

味がけっこう強烈なので、大根が苦手な人は大き目の容器にハチミツをたっぷり入れて大根を少な目にしましょう。

 

逆に甘いのがダメな人は、つけ置きしたハチミツ大根をお湯で薄めると飲みやすくなります。

 

鼻のムズムズになた豆茶

鼻水がひどい時や花粉・ハウスダストで鼻がムズムズする時はなた豆茶が効果的です。なた豆から作ることもできますが、市販品が豊富に販売されているので買うほうが手間はありません。

 

なた豆茶は蓄膿症の改善にも役立つため、鼻の不快感がつきまとうなら試してみましょう。

 

喉のイガイガにタイム茶

喉が痛いときは抗菌・消炎効果のあるタイム茶でうがいをします。

 

タイム茶はハーブティーなので飲んでもいいですが、味がダメな人も少なくないため、うがいのほうが利用しやすいです。

 

飲める人は飲むといいでしょう。

 

甘酒で栄養補給

栄養失調のときに病院に行くと点滴を打ってもらえますが、点滴に近い成分が含まれているのが甘酒です。

 

風邪で食欲がない時はもちろん、夏バテや偏った食生活で不足している栄養の補給にも活躍します。

 

自分で作ることもできますが、1晩おく必要があるので、体調がすぐれない時は市販品を手にとってみるといいでしょう。

 

胃痛にハーブティー

胃の痛みがあるときはハーブティーが役立ちます。ラベンダーやミントなどが胃に優しいです。

 

ストレスで頻繁に胃が痛くなる人は、ブレンドされたハーブやお湯だけで作れるハーブティーを常備しておくといいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

チェックしておく病院
病気になる前にあらかじめ場所を確認しておきたい病院の種類をまとめています。
医療品と非常食の備え
病気への備えとして揃えておきたい医療用品と非常食をまとめています。
病気の時の対策
一人暮らしで体調が悪くなったときの応急処置のやり方を症状別にまとめています。
ケガの応急処置
怪我をした直後の応急処置のやり方をまとめています。
ストレスの原因と解消法
一人暮らしでストレスのきっかけになることとストレス発散方法をまとめています。
うつや精神病への対策
一人暮らしでうつ病をはじめとする精神疾患になったときの対策をまとめています。