一人暮らしの炊飯器の選び方

炊飯器選び

炊きたてのご飯

 

おいしいご飯を食べるために欠かせない炊飯器の選び方をまとめます。こだわりがあるなら細かい機能にも注目したいですが、とりあえず一人暮らし用に選ぶならそれほど難しくありません。

 

スポンサーリンク

 

そもそも炊飯器は必要?

一人暮らしでは炊飯器をもっていない人も少なくありません。理由はお米をそんなに食べないからというのが大半です。日頃から米を主食とせずに外国人のような食生活をするならなくても問題ないでしょう。

 

ただし、お米はエネルギーの源ですから、栄養バランスを考えた健康的な食生活をするなら炊飯器は必要です。1日にご飯1膳分くらいしか口にしない場合でも、余ったご飯は冷凍保存して翌日以降に持ち越せるので炊飯器をもっておくといいでしょう。

 

土鍋や圧力鍋を使ってご飯を炊くこともできますが、ボタンひとつで炊ける手軽さにはかないませんので、よほどの理由がない限り購入しておきます。

 

容量を重視する

炊飯器には炊き方の違いなど、色々な機能がありますが、一人暮らし用に選ぶならまずは容量を重視しておきます。容量は3合炊きを基準にして、ご飯をたくさん食べるなら5合炊きまでが目安です。

 

日頃炊くなら1〜2合炊いておけば十分ですし、食べきれなくても冷蔵・冷凍できます。食べる量にもよりますが、いきなり5合以上炊かないとダメな状態もあまりありません。

 

注意しておきたいのは、容量にあったご飯を炊くことです。たとえば、同じ3合を炊く場合でも3合炊きと5合炊きでは味や電気代に差がでてきます。容量に対してお米の量が少ないとデメリットが大きいのです。

 

大は小をかねるは炊飯器には通用しないので、ご飯を食べる量がよほど多くない限りは3合炊きを選ぶといいでしょう。

 

炊飯器の種類

炊飯器は加熱の仕組みによってIHとマイコンに分けられます。さらに細かく分類することもできますが、IHのほうが炊きあがりがふっくらしやすく主流です。

 

味の好みもありますが、IHは5合炊きのラインナップが多く、価格もやや高くなります。容量を3合炊きに限定すると選択肢が限られるのもデメリットです。IH縛りで選ぶなら、お米を炊くときは5合で炊いて余った分を保存するという前提で購入する方法もあります。

 

マイコンは一人暮らしに適した容量や使い勝手のいいものが多いです。値段もIHより手が出しやすいので、こだわりがなければ特に問題ありません。

 

その他

お米の種類(白米、玄米など)や食べ方(炊き込み、おかゆなど)で炊き分けできる機能や圧力式IHのように炊き上がりまでの時間が短くなる炊飯器もあります。

 

早炊きや保温機能にも細かい違いがありますが、機能が増えればそれだけ価格も上がるので、お財布事情と好みのバランスで選ぶのが大切です。

 

価格が高くなればなるほどよりおいしく炊けて機能も充実するため、お米へのこだわりの強さで選ぶ方法もあります。ただ、一人暮らし用の炊飯器に徹底してこだわる人は少ないです。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加