一人暮らしの電気代節約術

生活に欠かせない電気代を節約

プラグでハートを作る人形

 

電気は生活に必要不可欠ですが、毎月の料金が家計の負担になることも多いです。生活用品を見渡してみると電気がないと使えないものも多く、無意識にムダ使いをしていることもあります。

 

ガスや水道の節約も重要ですが、使用頻度が多い電化製品を積極的に節約すると効果は一目瞭然です。節約のモチベーションが上がらない人でも、節電だけはチャレンジして毎月の生活費に余裕を作ってみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

電気料金の仕組み

電気代は、契約アンペア数の基本料金と使用量の合計で金額が決まります。単純に使えば使うほど請求される金額も大きくなるため、料金を下げるには節電あるのみです。

 

電力を使うものが多いほど神経質に節約しなくても少しの工夫で料金に差がでてくるため、できることから実践してみましょう。

 

節電のポイント

ひとつだけ点いた電球

 

電気の消費量を完全になくすことはできませんし、我慢するだけではストレスがたまります。無理なくできる方法を選ぶのが節電効果を高めるポイントです。

 

アンペア数の確認

節電を始めるなら最初に契約アンペア数の確認をしておきたいです。アンペア数を下げるだけで基本料金が下がり、毎月の電気代も安くなります。

 

オール電化はともかく、ガスも使っているならもっと安いアンペア数で済む場合もあるので、確認してみましょう。

 

無計画に変更すると逆に不都合が起こる点だけ注意です。

 

アンペア数の変更

 

待機電力を節約

節電方法の代表格は待機電力のカットです。「リモコンを使わず主電源を切る」「コンセントを抜く」など、やること自体は単純で誰でもできます。

 

やみくもにコンセントを抜くだけでは手間が多いですから、家電の使用頻度を考慮して生活に支障がでない範囲で実践しましょう。

 

待機電力の節約・節電術

 

効率よく節電する

基本的に夏よりも冬のほうが電気代は高いため、節電のし甲斐は冬のほうがあります。夏の節電も無意味ではありませんが、より効果を実感するなら冬の節電を心がけましょう。

 

冬の電気代が高いことからわかる通り、暖房器具や電子レンジといった熱を発するものは消費電力が多く電気代を高くします。

 

エアコンは冷暖房がついていますが、冷房よりも暖房のほうが消費電力は多いです。

 

季節とあわせて消費電力の大きいものから優先的に節約していくことで、効率的に電気料金を安くできます。

 

部屋や生活にあった家電選び

部屋の広さにたいして大きすぎる家電は消費電力が多い上に、使うだけで電気代も高くなりがちです。家電を新たに購入する場合は部屋にみあったサイズの家電を選びましょう。

 

消費電力にも注目しておけば、通常の使用でも節約につながりトータルでお得です。

 

生活スタイルに合わない家電を選ぶと電気代だけでなく、購入費用までムダになります。日々の生活でなくても困らない家電は買わないようにしましょう。

 

節約する家電を選ぶ

あらゆる節電術の全てを実践できれば電気代も大幅にダウンしますが、節約生活がストレスになっては本末転倒です。

 

意識して節約するもの・普段通りに使うものを事前に決めておくほうが無理なく節電を実践でき、習慣化もしやすくなります。あまり使わないものやコストのかかるものからムダを省くのが効率がいいです。

 

家電ごとの節約方法

節電する家電を決めたら、それぞれ使える節約術を覚えておきたいです。

 

テレビの節約・節電術

 

照明器具の節約・節電術

 

エアコンの節約・節電術

 

冷蔵庫の節約・節電術

 

炊飯器の節約・節電術

 

無茶な節電はしない

毎月の電気料金が高いなら節電はぜひとも実行したいですが、無茶な節電は逆効果で余計な手間が増えます。たとえば、換気扇の使用をやめてキッチンや浴室がカビだらけになったら、節約した意味がありません。

 

節約というよりはもはやケチの域になってしまうため、生活がギスギスしないようにほどほどの節電を心がけるのが大切です。

 

また、古い家電の場合は節電自体がムダな努力に終わることもあります。省エネ仕様の新品にかえたほうが節電効果が高いこともあるので、そうした時の節電効果は皆無です。

 

賃貸の部屋に最初からついているエアコンは特に古い場合が多いですが気軽に買い換えもできないため、使用を控えることで節電になります。

 

頑なに買わない・使わないだけが節電ではないことを念頭において、うまく電気代をおさえましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加