一人暮らしに必要な調理器具

調理道具の用意

料理をしている女性

 

調理道具がないと食生活が困るので事前に用意しておきたいです。

 

ただ、生活を始める前は自炊に挑戦するつもりでも実際に一人暮らしが始まると忙しくて料理する時間がないことはよくあるので、最初は必要最低限のものだけ準備しておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

最低限揃えておく調理器具

自炊頻度は関係なしに最低限用意しておきたい調理道具をまとめます。自炊をまったくしないという人でも鍋ひとつないのは不便です。自炊をガッツリする人でも収納スペースの都合があるので、取捨選択する必要があります。

 

包丁

刃渡り15〜20cmほどの、いわゆる三徳包丁1本で十分です。自炊頻度が多いなら小さ目のペティナイフがあると細かい作業に役立ちます。

 

大きな野菜や肉の塊を切るなら刃渡りがもっと長い牛刀が便利ですが、大きくて収納場所に困ることもあるため、最初から用意する必要はありません。

 

自炊派なら包丁研ぎ器も用意しておきます。

 

まな板

調理スペースがしっかりしているなら薄くても大丈夫です。サイズは調理場に見合った大きすぎず小さすぎないものを選びます。

 

素材はプラスチックのほうが手入れしやすく衛生的ですが、使用中にスベルこともあるのでケガには注意しましょう。使い勝手は木製のほうが上ですが、カビができないように気を配る必要があります。

 

最初は1つだけ用意すれば十分ですが、自炊派は小さいサイズがもう一つあると便利です。収納スペースの都合もあるため、ひっかけるタイプにするといいでしょう。

 

フライパン

直径20〜24cmを目安に1つ用意します。たくさんの量を調理するなら26cmでも問題ありません。重すぎると女性は大変なので大きさとあわせて重さも確認しておきたいです。フライパンにあった蓋も用意しておくと、料理の幅が広がります。

 

コーティングされているフライパンなら、焼く、蒸す、茹でると大抵のことができるので、ひとつだけ選ぶなら要チェックです。

 

部屋のガスの種類を事前に確認しておき、フライパンのIH対応・非対応も忘れずチェックしておきましょう。間違った場合は卓上コンロ・IHヒーターを用意するのも手です。

 

1つあれば十分です。サイズも直径16〜20cmで選べばどれでも問題ありません。内側にリットル表記のある鍋を選ぶと計量の手間が省けます。

 

料理を頻繁にするなら深さが15p以上ある深鍋をもうひとつ用意すると便利です。保温調理なべなら煮込み料理も簡単にできます。

 

水切りバスケット

洗った食器を置くバスケットです。キッチンのスペースにあったサイズを用意します。水抜きがついているタイプは設置場所や方向に注意です。シンクに向かう形で置くようにします。

 

やかん or 電気ケトル

お湯を沸かすなら鍋でも代用できますが、なにかと不便です。もらい物や実家にあるものをもっていけるならやかんで、新しく買うなら電気ケトルにするといいでしょう。やかんでも電気ケトルでも1L前後の小さいサイズ1つで十分です。

 

電気ケトルの選び方

 

サランラップ

食材の保存に重宝します。外食メインでも料理を温める時や食べ残しを保存する時に必要です。サイズは色々ありますが、大き目のものが幅広く使えます。

 

ふきん

あまり料理をしなくてもキッチン周りを雑巾で拭くのは不潔です。最低限、調理スペースを拭く用に1枚は用意しましょう。手拭き用もあると便利です。

 

コンロ

部屋に最初からついている場合は不要ですが、口数が少ないなら卓上コンロやIHヒーターがあると便利です。カセットコンロを買うならボンベも用意しておきます。

 

栓抜き・缶切り・コルク抜き

必要な時にないと代用しにくいもの3点セットです。それぞれ1つずつ用意しておきましょう。

 

自炊をするなら欲しいもの

自炊をそれなりにするならあったほうがいい調理器具です。

 

キッチンばさみ

袋の開封以外にも包丁代わりにして食材を切ることもできます。衛生面を考慮してデスクで使うハサミとは別に用意しておきましょう。

 

しゃもじ

箸やスプーンを使う荒技もありますが、ご飯を炊くならあったほうがいいでしょう。1つあれば十分です。

 

おたま・フライ返し

どちらもひとつずつ用意します。穴あきタイプのおたまやサイズの違いなどありますが、最初からいくつも揃える必要はありません。

 

ボウル・ザル

ボウルはサイズ違いで2、3個あると便利ですが、スペースの都合もあるのでとりあえず揃えるならひとつで十分です。どんぶりや大き目の茶碗で代用することもできます。

 

ザルはボウルとセットになっている深いものです。そばやうどんを食べる時などの浅いザルは必要ありません。

 

計量カップ・計量スプーン

料理が得意でないなら正確に計れるアイテムは欲しいです。ひとつずつあると便利ですが、計量カップをあまり使わないならスプーンだけでもなんとかなります。計量スプーンは複数のサイズがセットで1つになっているものがいいでしょう。

 

ピーラー(皮むき)

皮むきが簡単にできれば調理の時間短縮になります。一人暮らしにオススメの料理、シチューやカレーを作る時はあるとないとで雲泥の差です。

 

菜箸

1膳あれば十分です。長さは36cm程度の長めのものにします。普通の箸を菜箸代わりに使うと菜箸の偉大さに気づくでしょう。

 

タッパー

食材、特に余ったご飯の保存に重宝します。冷蔵・冷凍どちらも可能です。ご飯1杯分がちょうど入るサイズと少し大きめの2種類用意しておくといいでしょう。

 

キッチンタイマー

時間がたったら知らせてくれるタイマー式の時計。料理が得意な人でもあるとないとでは大違いです。

 

キッチンペーパー

ちょっとした汚れや水気を拭くだけでなく、食器の収納や台所の掃除をする時も役立ちます。トイレットペーパー型とティッシュ型がありますが、どちらも調理道具の配置によっては置き場所に困るかもしれません。キッチンの収納スペースと相談です。

 

あると便利な調理器具

その他、なくても困らないけどあると便利な調理道具をまとめます。使い道が限られるものも多いので、最初からそろえる必要はないです。

 

土鍋

一人鍋を楽しむなら必須です。一人用土鍋のサイズは直径20cm前後の5合が目安ですが、複数で食べる前提ならもっと大きいサイズを用意します。

 

土鍋にもIHの対応・非対応があるため、購入前は要チェックです。なお、土鍋があれば炊飯器がなくてもご飯が炊けます。

 

ホットプレート

手軽に色々な食材を楽しめる鉄板料理に役立ちます。コンロが少ない時も便利です。付属プレートの種類が多いものなら、様々な用途に使えます。

 

一人用なら30cm×20cm程度のミニグリルが丁度いい大きさです。

 

おろし金

大根をおろせるサイズがあれば、ニンニクや生姜にも使えます。大根をおろさないならもっと小さいサイズにすれば邪魔になりません。

 

その他

料理によっては必須ですが、用途が限定されるものは最初は買う必要なしです。具体的にはアルミホイルや泡だて器、トング、オイルポット、茶こしなどがあります。こうしたものは必要になったら買い足すようにするといいでしょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

必要な家電選び
一人暮らし用の家電を選ぶときのポイントをまとめています。
必要な家具選び
一人暮らし用の家具を選ぶときのポイントをまとめています。
必要な日用品
一人暮らしをする時に揃えておきたい日用品・生活用品をまとめています。
寝具の選び方
一人暮らし用の寝具を選ぶときのポイントをまとめています。
カーテンの選び方
一人暮らし用のカーテンを選ぶときのポイントをまとめています。
必要な食器
一人暮らしをする時に揃えておきたい食器の数と種類をまとめています。
生活必需品の費用をおさえる方法
新生活で必要な家電や家具・日用品などの購入費用を安くする方法をまとめています。
家電を安く買うコツ
一人暮らしをする時に買いそろえたい家電をできるだけ安く購入する方法をまとめています。