一人暮らしにかかる毎月の生活費や支出の計算と金銭管理方法

金銭管理能力を身に着ける

頭を抱える女性

 

金銭管理能力をあげるためには、漠然と支出を計算するだけでは意味がありません。金額はもちろん、何にお金を使ったか?の内訳を把握して無駄を減らし今後に活かすのが大切です。

 

出費がなかなか減らない場合はお金の管理方法にも工夫が必要になります。自分にあった管理方法選びとお金の流れのチェックが金銭管理能力を身に着ける始めの一歩です。

 

スポンサーリンク

 

お金の流れを知る

毎月の出費を計算する時に大切なのは、お金の流れを自分自身で把握することです。家計簿をつけるのが最も効果的ですが、支出をチェックするだけならひとまず家計簿がなくてもできます。

 

普通に生活する

毎月の生活費や支出から無駄を知るために最初は普通に生活します。いきなり節約を意識しても無駄なお金を省いたのか、必要なものを単に我慢しただけなのかわからないからです。

 

1ヶ月間の収入の範囲内で、貯金や節約という言葉を頭から忘れた状態でいつも通り生活してから支出を計算します。

 

支出と残ったお金の計算

1ヶ月間、ただ普通に生活するだけでも次の収入の前にはいくらかお金が残るはずです。その時に1ヶ月間の支出と手元に残ったお金を計算します。支出は家賃や生活費などの固定費以外にも、クレジットカードの支払いやローンの返済なども含まれ、人によって変わるものです。

 

嗜好品への出費や娯楽費など、月々必ずでていくわけではないお金も計算しておきます。毎月の支出の全てを払った状態で手元に残ったお金が、普通に暮らして貯金できる金額とわかるわけです。

 

月の途中で貯金を切り崩したりした場合は、自分にとって普通の生活のつもりでも無駄が多いか、収入が生活に追いついていないことになります。どちらにしてもその状態で生活を続けると貯金もできませんから、節約や家計の見直しが必要です。

 

色々な金銭管理方法

毎月赤字状態でやりくりが苦手という場合は、お金の管理方法に工夫が必要です。重要なのは「必要なお金にまで手をつけないこと」と「支出を把握して無駄使いを改善できること」の2点ですから、それらを満たせるなら必ずしも家計簿をつける必要はありません。

 

ですから、「家計簿をつけたことがない」「過去につけていたけど投げた」という場合は、簡単にできる方法から選んでお金を管理するのがいいでしょう。

 

袋わけ

月々の収入を袋に分けて管理する方法です。ノートに記入する手間がないのが一番のメリットで、金銭管理が不慣れな人や入ったお金をすぐに使ってしまう人にはピッタリの管理方法と言えます。

 

封筒の表に食費や家賃、水道光熱費などの費目と中の金額を書いて分けて入れるだけなので、管理もやりくりも簡単です。袋から現金が減ったり余分に残ったりするのを見ると、目には見えにくい無駄や節約の成果もわかりやすくなります。

 

1ヶ月に1回支払いが必要な費目だけでなく、交際費や飲み代などの細々した出費も週ごとに分けて決められた金額でやりくりすると、無駄な出費をおさえることも可能です。

 

袋から出費があった時は領収証やレシートを袋に入れておけば、最終的に残ったお金と支出の内訳も把握できます。残額が多い場合は翌月は少な目に入れるようにすると、節約も苦になりません。

 

わたしも細かいお金や使ってはいけないお金に対して現在進行形でやっている管理方法なので、イチオシです。

 

手帳に記録

手帳を持ち歩いているなら外出先でもサッと支出を記録でき、書き忘れも防げます。使った額だけでも書いておけば毎月の出費を把握するには十分です。

 

スケジュールとあわせて記録すると、レシートをもらい忘れた時や友達と割り勘した時など、細かい金額がわからない時もいくら出したかを思い出せたりします。

 

大きめの手帳でスケジュール欄に余裕があるなら、費目も記入すれば1週間、1ヶ月単位の集計も簡単です。

 

手帳にマメに記入するのが苦にならなくなったタイミングで、ノートにガッツリ費目や金額を記載したり家計簿をつけ始めるといいでしょう。

 

レシートを貼るだけ

マメな記入が面倒な人はノートにレシートを貼る方法がおすすめです。カレンダーやスケジュール帳でもかまいません。

 

出費の把握だけでもできれば、今後の節約につながります。レシートだらけの財布の整理もできるため、一石二鳥です。

 

他にも銀行口座を使って金銭管理をする方法もあり、細かい費目や金額の記入が面倒な人でもやり方次第で続けることはできます。

 

銀行口座の使い分けによる金銭管理術

 

パソコンやスマホアプリ

パソコンの家計簿ソフトやスマートフォンの家計簿アプリを使う方法もあります。専用のソフトなら集計やグラフ化を自動でしてくれるので、使いこなせればかなり便利です。

 

アプリなら手帳と同じく外出先でも使えて書き忘れを防げます。ただし、パソコンやスマホが壊れたときのためにバックアップは忘れないようにしましょう。

 

エクセルで作成することもできますが、最初からソフトとして完成されているものが知識不要で利用でき、使い勝手も上です。

 

おすすめのソフトは、利用者も多く、パソコン・スマホどちらでも使えるマネーフォワードです。グラフでお金の増減を見れたり、入出金を日ごとに見れます。銀行と連携しているため、自動で帳簿がつくというメリットもあるため、パソコンやスマホで金銭管理をするなら必見です。

 

無料の資産管理、家計簿ツール、マネーフォワード

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

銀行の口座開設
銀行口座の開設方法と3つの口座を使った金銭管理術をまとめています。
家計簿のつけ方
家計簿をつける目的と初心者でも簡単にできる書き方をまとめています。
クレジットカード作り
クレジットカードの作り方と使用時の注意点をまとめています。
貯金の仕方
一人暮らしでもできる色々な貯金のやり方をまとめています。