一人暮らしのロフトベッドの選び方

ロフトベッドは超便利!

ロフトベッド

 

ロフトベッドは天井に向かって高さがあるため、縦のデッドスペースがなくなります。結果としてベッドの下がマルマル使えるので、収納が少ない一人暮らしの部屋では「超」便利です。

 

反面、機能や種類が意外と豊富にあり目的によって選び方も変わるため、購入の基準が難しいというデメリットもあります。一度設置したら室内で占める割合も大きくなりますから、購入前にポイントをおさえておくのが大切です。

 

スポンサーリンク

 

部屋の広さを測る

どんな家具にもいえることですが、購入前の採寸は必須です。ロフトベッドはベッドだけでなく、階段や付属設備もあるため、通常のベッドよりも広いスペースが必要になります。

 

6畳一間の部屋でも置くことはできますが、最初に置き場所を大まかに決めてサイズを測っておくのは必須です。ピッチリ収まる状態では窓や扉、クローゼットの開閉に支障がでるため、余裕ができるサイズも把握しておきます。

 

また、高さがあるベッドですから、天井までの距離も重要です。「ロフトベッドは入ったけど自分は寝れない」なんてことがないように、天井の高さも測っておきましょう。

 

天井があまり高くない場合は、ベッド下が120〜130cm代の低めのロフトベッドを選べば頭をぶつける心配もありません。

 

ロフトベッドのタイプを決める

ロフトベッドの魅力は「寝る+α」の+αの部分を選べる点です。ハンガーつきで収納に使いたいのか?作業用デスクつきがいいのか?といった点を事前に決めておきます。種類も色々あるのでどういったタイプがあるかを見てから決めてもいいでしょう。

 

色々な種類

デスク付き

ベッドの下にデスクがついているオーソドックスなロフトベッドです。ベッドの下のほとんどがデスクになっているタイプ以外にも、一部が本棚やハンガーになっているタイプもあります。

 

机自体はしっかりしているので特に不都合を感じることはありませんが、ライトは用意しておかないと暗いです。

 

ハンガー付き

ベッドの下がハンガースペースになっているタイプです。ロフトベッドにカーテンがついているタイプもあります。デスクが不要なら床に衣装ケースを置けば、ベッドの下全体を巨大なクローゼットにするという使い方が可能です。

 

ソファ付き

ベッドの下がソファになっているタイプです。ソファは2人掛けできるサイズで、ソファベッドのようにソファ+ベッドとして使うこともでき、二段ベッドになります。ソファの下に引出型の収納があるなど、タイプも多種多様です。

 

テレビやテーブルの配置によってはソファが無駄になってしまう可能性があり、購入前は特に位置に気をつける必要があります。

 

高床式

ベッドの下にデスクやハンガーなどがないタイプです。下には何もなく、ただただ高さのあるベッドともいえます。テーブルや収納をもっていて、それらの置き場所を確保したいという場合に便利です。

 

素材やデザイン

ロフトベッドに求める機能が決まったら、素材やデザインを決めます。見た目で気に入ったものを選んでもいいですし、最初に素材を決めてしまっても問題ありません。

 

主な材質はスチールか木製になります。

 

スチール製

スチール製のロフトベッドは機能性が高く、シンプルな作りのものが多いです。スタイリッシュなデザインも豊富にあり、お手頃価格で購入できるのもメリットといえます。

 

木製

木製のロフトベッドは素材がしっかりしていて頑丈、かつ安定感があります。スチールにはない温かみのあるデザインも魅力です。価格がやや高い傾向にあります。

 

階段 or はしご

ベッドに上る方法は階段かはしごがあります。安全に上り下りできるのは階段ですが、慣れればどちらでも大差はありません。女性やお酒をよく飲む人は階段のほうが安全ではあります。

 

また、はしごは上り下り以外に使うことはできませんが、階段は収納ボックスがついているタイプもあるので、空間のさらなる有効利用が可能です。ただし、はしご以上に設置スペースがとられます。

 

候補のサイズを確認

ロフトベッドは店頭でもあまりたくさん置いていないため、数を多く見るなら通販サイトに頼ります。機能やデザインで好みが見つかったらピックアップしておくといいでしょう。

 

最終的に候補が決まったら、購入前にもう一度ロフトベッドと部屋の設置スペースのサイズを確認しておきます。まさに買おうとしているベッドのサイズがわかれば、実際の部屋に置いた時のイメージもわきやすいです。

 

失敗を防ぐためにも、購入前の最終確認は忘れずしておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加