一人暮らしの照明器具の選び方

照明器具の買い忘れに注意!

部屋の照明をつける女性

 

一人暮らしの必需品で見落としがちなのがメインルームに取り付ける照明器具です。ほとんどの賃貸住宅では借りた時にはついていませんから、忘れないように準備しておきましょう。たまについている部屋もありますが、前の住人が置いて行ったケースが大半です。

 

スポンサーリンク

 

取り付け箇所のチェック

照明を取り付けるのは部屋の天井で、賃貸ならよほどのことがない限り配線器具は統一されています。通常はあまり気にする必要はありませんが、物件が古い場合は念のためチェックしておきましょう。

 

照明器具の種類

照明器具にはいくつかの種類があって、選んだタイプによって光の当たり方が変わり部屋の雰囲気にも影響をあたえます。居室で主に使われるのはシーリングライトかペンダントライトのどちらかです。

 

シーリングライト・ペンダントライトの違い

シーリングライトは天井にピッタリとつけるタイプで、部屋全体を明るく照らせるのが最大の特徴です。一人暮らしの部屋だと天井もそこまで高くないので、部屋を広く見せる効果もあります。身長によっては取り外しが大変で、掃除をするのも手間なのがデメリットです。

 

一方、ペンダントライトは天井からコードで吊るすタイプになります。明るさの範囲が限られる上に天井が低いと頭をぶつける可能性もあり、機能面ではシーリングライトに劣ります。

 

取り外しは比較的簡単ですが、ペンダントライトのメリットはどちらかというとお洒落な点です。暖かい雰囲気を演出しやすくシーリングライトにはない独特の良さがあります。

 

一時はシーリングライトが圧倒的に人気でしたが、インテリアへの興味からペンダントライトを選ぶ人も多いです。

 

機能だけを求めるならシーリングライトに軍配が上がりますが、お洒落な部屋にするならペンダントライトにするといいでしょう。なお、どちらを選んでも使えないということはありません。

 

光の種類

照明器具の種類とは別に、取り付ける蛍光灯の光にもいくつかのタイプがあります。メインの照明に使うなら、昼光色か昼白色のどちらかです。

 

昼光色

青白く爽やかな光で集中力を高める効果があります。学校やオフィスで使われるいわゆる蛍光灯の色で、リビングに使っても違和感がありません。

 

昼白色

自然の光に近い白い光で、生き生きとした明るさがあります。明かりに自然さを求めるなら最適ですが、一人暮らしのメインルームに取り付けるにはやや暗いです。

 

リビングには昼光色

メインルームに選ぶ光は昼光色が無難です。1Rや1Kで他の色にすると明るさに不満が残るかもしれません。間取りが1DKや1LDKで、複数の部屋があるなら部屋ごとに光を変えることができるので、リビングだけ昼光色にして、他の部屋は昼白色にするといったことは可能です。

 

電球色の使いどころ

光の種類にはもうひとつ電球色があり、黄色い温かみのある色が特徴です。落ち着いた雰囲気でリラックスしたいならおすすめですが、暗いためリビング向きではありません。

 

電球色がマッチするのは主に寝室か和室ですが、一人暮らしならスタンドに取り入れる方法もあります。寝る前はメインの照明を落として小さなスタンドを使いたいという場合に電球色のスタンドを使うといいでしょう。

 

補助照明器具

主照明だけでは明るさが足りない場合や集中的に照らしたい箇所があるなら、補助照明を追加することもできます。

 

スタンドも補助照明になりますが、他にも家具に取り付け可能なクリップライトや床に置くフロアライトなどがあるので、必要に応じて追加するといいでしょう。

 

補助照明器具は使い方次第で明るさを補うだけでなく、よりお洒落な部屋を演出するのに役立ちます。ただし、日頃の生活で補助照明器具だけに頼ると目に悪いので注意です。

 

また、コンセントがあれば気軽に使えますが、タコ足配線や電気代にも気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加