照明器具の電気代節約術・節電方法

照明器具にかかる電気代

LED電球

 

大半の家電は使わなければ節電することができますが、照明器具は生活に欠かせないため、電気料金もかかりがちです。

 

使う場面が多ければ多いほど節電したときの効果も高くなるので、積極的に節電をして毎月の電気代を安くしましょう。

 

スポンサーリンク

 

照明の節電方法

照明器具は使い方次第で大幅に節電可能なため、電気料金が負担ならぜひ節約術を実践しておきたいです。

 

使わない電気は消す

使わない場所の電気を消すのは節電効果が高いです。一人暮らしなら玄関やトイレ、キッチン周りなど、自分が使わなければ電気をつける必要がない場所も多いので、こまめに消す習慣をつけましょう。

 

王道で当たり前の節電方法ですが、意識して実践すると全然ちがいます。

 

蛍光灯と白熱灯のちがい

電球の疑問

 

照明器具の節約をする時に覚えておきたいのは、蛍光灯と白熱灯の違いです。両者は光のあたり方などにも違いがありますが、節電方法もちがいます。

 

蛍光灯の場合

蛍光灯はつけたり消したりを繰り返して、頻繁に点滅させると寿命が短くなります。つまり、マメに消してもすぐにつけるなら、電球を買い替える回数が増えてしまい結局節約した意味がなくなるんです。

 

ですから、蛍光灯は何度も点灯・消灯をする必要がないリビングなどに使うのが大切です。

 

白熱灯の場合

白熱灯の場合は蛍光灯とは逆にマメに消すのが節電になります。蛍光灯とくらべて点灯時の消費電力は少ないですがトータルの消費量は蛍光灯よりも高いので、使っているならこまめに消すようにしましょう。

 

蛍光灯と白熱灯の使い分けが大事

まったく同じ明るさであるなら、蛍光灯のほうが消費電力は少なくお得です。必要以上につけたり消したりをしなければ、寿命も蛍光灯のほうが長くなります。

 

電力使用量だけを見るなら、すべてを蛍光灯にしたほうがお得です。ただし、電球本体の価格は白熱灯のほうが安くなります。

 

また、トイレなど、繰り返しつけたり消したりする場所は蛍光灯にすると長くもたず節約になりません。トイレや浴室が蛍光色だと落ち着かないというデメリットもあります。

 

節電効果も期待でき生活上のストレスもなくすなら、場所に応じて蛍光灯と白熱灯を使い分けるのが大切なわけです。

 

カサを掃除する

メイン照明のカサや補助照明の本体にホコリがたまると明るさが低下します。同じ電力を消費しているのに明るさに差がでるのはもったいないので、こまめに掃除をしておきましょう。

 

省エネタイプの照明を買う

照明器具に限った話ではありませんが、新しく電化製品を買うなら省エネ仕様のものを買うのも節約になります。

 

まだリビングに取り付ける照明を購入していないなら、消費電力に注目して選んでみましょう。

 

照明器具の選び方

 

また、電球が切れて新しく買う時は、低いワット数を買うのも節電に効果的です。ワット数は高いほど明るくなりますが、その分電気代も高くなります。

 

暗すぎると不便なので、使っていたものよりちょっと低いワット数の電球を選んだり多少暗くても問題ないトイレなど、使う場所を厳選すると効率がいいです。

 

LEDは価格がやや高くなりますが、長く使うなら節約につながります。もしもLED電球を使っていない場所があるなら変更してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加