洗濯機の水道代節約術・節水方法

洗濯に使う水を節約

洗濯機のメニューボタン

 

お風呂やトイレに次いで洗濯に使われる水も多いので、積極的に節水を心がけたいものです。洗濯にかかる水を節約するだけでも年間で数千円は変わってきます。

 

スポンサーリンク

 

洗濯時の節水

洗濯機を使うときの節水テクニックです。少し意識するだけでも節水効果はあるので、比較的簡単に水道料金を減らすことができます。

 

洗濯物の量を見直す

洗濯機の節約で効果的なのが洗濯物の量を調整することです。1日おきなどのマメな洗濯は月・年単位でみると水の使用量が多くなります。

 

洗濯物がある程度たまってからまとめて洗濯するほうが節水効果は高いですが、溜め込みすぎも厳禁です。

 

洗濯物が多すぎると洗濯機の回転が悪くなり、故障の原因になります。汚れも落ちにくく、水道料金が下がっても電気代が高くなるので、バランスが大切です。

 

洗濯機の容量の8割がベターな洗濯物の量ですから、洗濯頻度を見直すようにしましょう。

 

洗濯をする頻度と時間帯

 

お風呂の残り湯を使う

お風呂に使ったお湯を洗濯に代用する節水方法は有名です。注水洗いの場合と比べて水の量が半分程度違います。

 

よく、「お風呂の残り湯を洗濯に使うのは汚い」という意見がありますが、衣類の汚れのほうが圧倒的に汚いため、あまり問題になりません。

 

残り湯に体の汚れがあるのは確かですが、もっと汚い洋服の汚れはしっかり落ちます。イメージだけで抵抗があるなら、気にする必要がないことを覚えておくといいでしょう。

 

入浴剤を使った残り湯

お風呂の残り湯は洗濯に使っても問題ありませんが、入浴剤を使った場合は注意です。通常の入浴剤なら使っても大丈夫ですが、臭いが強いものは衣服にうつる可能性があります。

 

特に硫黄の入っている入浴剤は臭いもつきやすく色移りするかもしれないため、避けるのが無難です。

 

スピードコースで洗う

洗濯機についている色々な洗濯コースを、汚れの状態で使い分けるのも節水につながります。特にスピードコースは標準コースとくらべて、水の量が3割はダウンするので注目です。

 

汚れが落ちにくいイメージもあるスピードコースですが、軽い汚れやタオルのように目立つ汚れがつきにくいものなら問題ありません。

 

常に標準コースで洗っていたなら、コース選択をしてみるといいでしょう。

 

ためすすぎで洗う

注水すすぎで洗う人が大半ですが、ためすすぎで洗うと流れるだけのムダな水が少なくなります。

 

常に注水すすぎで洗う場合とためすすぎで洗う場合では、水の使用量に大きな差がでるので、節水を心がけるならためすすぎも積極的に活用しましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加