共益費・管理費の意味と注意点

共益費も管理費も意味は同じ

円を押す人

 

共益費と管理費は表現の違いこそあれ、同じ意味です。言葉の違いは地域や業者、物件によるものですから、気にする必要はありません。厳密には違いますが・・。

 

共益費も敷金や礼金と同じく、賃貸契約では必要不可欠な費用のため、何のためのお金なのかを把握しておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

共益費とは

共益費とは共用部分の維持費用のことです。共用部分とは、玄関や廊下、階段、エレベーターといった入居者みんなが使うスペースで、建物に必要な設備を指します。

 

ようするに、入居した人みんなで少しずつお金を出してみんなが使うスペースを大事にしようという趣旨のお金が共益費です。維持には修繕・清掃・電灯交換が含まれます。

 

管理会社がきちんと入って共益費を毎月支払っている場合は、共用部分でのトラブルに対応可能です。たとえば「部屋の目の前の廊下の電灯が切れた」「マンションの玄関がすこぶる汚い」といった事態にも対応してもらえます。

 

支払う金額の目安は家賃の5〜10%ほどです。それ以上になると高いといえます。また建物そのものの設備が良くなると共益費も高くなりやすく、代表はエレベーター付きの物件です。たとえ1階に住んでいても共益費はかかります。交渉の余地はありますが・・。

 

共益費の注意点

言葉の違いは知っておけば特に問題ありません。注意したいのは共益費は家賃に含まれる点です。ネットの賃際検索サイトを見てみるとわかりますが、共益費〇円で探すなんてありません。家賃○○円が通常です。

 

たとえば、家賃5万円の部屋があったとき、そのまま家賃5万だと4万円代の条件検索にひっかかりません。そこで、家賃4万7000円、共益費3000円とすれば家賃を4万円代で探している人の目にもとまります。でも結局、この部屋の賃料は共益費込で5万円なわけです。お得に見えますし、より多くの人に見つけてもらうためにこうした表記をしているところもあります。

 

敷金や礼金もそうですが、費用は色々な名称や特約で出てくるため、何も知らないと想像以上に契約費用が高くなるケースもありえます。

 

全ての物件が分けて表記しているわけではないですが、基本的には部屋の価格そのものは家賃と共益費の合計と考えるのが無難です。部屋だけあっても玄関や廊下がないと賃貸住宅は機能しないので仕方ありません。

 

共益費は場合によっては下げてくれたりもします。5〜10%以上の場合は家賃よりも交渉に応じてくれやすいので、試してみるのも手です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加