一人暮らしの女性の防犯対策

自分の身を守る

ドアスコープをのぞく女性

 

一人暮らしの女性は狙われる危険が高く、万が一巻き込まれた時には男性のように力任せで対応するのも難しいです。

 

「狙ってください」と自らアピールしているかのようにセキュリティに対する意識が低く、それが原因で被害にあうケースも少なくありません。

 

日頃から犯罪に巻き込まれないように防犯意識を強くもって、自分の身は自分で守るようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

今すぐできる防犯対策

洗濯物は人目につかせない

一人暮らしの女性なら洗濯物の干し方は一番に気をつけたいです。

 

1〜4階程度の中層階で、外から洗濯物が見えるなら部屋干しメインにするといいでしょう。ベランダに干す場合でも、下着だけは部屋干しにしておくと安心です。

 

高層階なら外干しメインでも問題ありません。が、最上階は一階の次に危険と言われているので、油断は禁物です。

 

ベランダに下着も干したい場合は、シーツやタオルなどの大きめのものを奥に干して下着類は手前に干します。

 

大きな洗濯物が目隠し代わりになって、手前に干した下着類を人目にふれず干すことが可能です。

 

スカートやブラウスといった、女性限定の洋服を干すときも使えます。

 

カーテンを女性っぽくしない

洗濯物に気を使っても、外からハッキリ見えるカーテンが女性の一人暮らしを主張していたら意味がありません。

 

そのため、女性っぽいデザインのカーテンは避けるようにしましょう。

 

すでに取り付けている場合は、カーテンを買い替えるか他の防犯グッズを活用してセキュリティを強化すべきです。

 

ゴミ出しの仕方も気をつける

ゴミを見れば捨てた人の生活スタイルが簡単にわかりますから、捨て方には注意したいです。

 

女性が特に気をつけたいのは郵便物で、あて名は破ったりマジックで消すようにします。あて名消しを使えば楽なので、ひとつ用意しておきましょう。

 

また、袋の外から中身が見えるような捨て方は荒らされる危険もあります。特に女性のものと一目でわかるものは、外から見えないように包んだり濃い袋に入れて捨てるのが大切です。

 

個人情報は自分で守る

個人情報の多くは意外と自分で広げているケースが多いですから、一人暮らしをはじめたら簡単に連絡先を教えたりしないようにしましょう。

 

最近はスマホの無料アプリなど、思わぬところから無意識に情報が流れているので、使い方にも気をつけたいです。

 

異性を家に招かない

親しい異性でもその気がないなら簡単に家に上げないようにしましょう。個々の価値観や考え方はともかく、一人暮らしの女性が男性を家に上げるのは「そういうこと」です。

 

恋愛関係のもつれから殺傷事件に発展することも珍しくありませんから、自分を守るためにも自身で線引きしておく必要があります。

 

一人暮らしでは誰も守ってくれないため、頼れる存在を作りたいものです。が、一方で頼れるのは自分だけという心構えも必要になります。

 

見知らぬ空き巣や通り魔と同じくらい見知った人からの被害も危険ですから、予防は肝心です。

 

エレベータは一人で乗る

マンション内のエレベーターはできるだけ一人で乗りましょう。エレベーター内で不審者と一緒になったら逃げ場がないからです。

 

見知らぬ人とエレベーターで一緒になったときは、非常ボタンのそばに立っていつでも押せるようにしておきます。

 

また、明らかにヤバそうな人や不審人物が乗り込んできたときは、目的の階以外で降りるようにしましょう。

 

夜の帰宅経路も工夫

明るく人通りの多い道

駅の改札やバス停で降りるときは、他の乗客に混じって降りるのが基本です。

 

女性の一人行動を目立たせないため、帰る時もできるだけ人通りが多く明るい道を選びます。人通りが少ない道や外灯のない夜道を歩くときは、背後に気を配るようにしましょう。

 

電話をしていると話し相手に状況を知らせるのも簡単で、犯罪に巻き込まれにくくなります。フリをするのもいいですが、本当に電話をするほうが効果的です。

 

複数の経路を通る

帰宅時に毎日同じ道を通らないよう、家までの経路はできるだけ複数用意しておきます。学校や会社の都合もあり、電車の時間をズラしたりはできませんが、違う道で帰ることは可能です。

 

他にも、「毎日同じコンビニに寄る」など、犯罪者に目をつけられたときに行動パターンを伝えるようなことは避けましょう。

 

防犯グッズを用意する

安全上の被害にあう女性の多くが防犯に関する意識がとても低いです。

 

特に空き巣による被害は、必ずしも鍵をこじ開けられるだけでなく家主が開けっ放しにして侵入されるパターンも少なくありません。

 

窓や玄関の施錠など、基本的な防犯は当然おこない、さらにセキュリティを強化するために防犯グッズを積極的に活用しましょう。

 

窓や玄関をツーロックにする簡単な防犯アイテムなら設置するだけです。

 

あわせて、ブザーやスプレーなどの手元にもっておく防犯アイテムを揃えるといいでしょう。特に、都会や治安の悪い地域に住む場合はより強力なアイテムを所持しておくほうが安心です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

地震への対処法と備え
地震が起きた時の対処法と日頃からできる備えをまとめています。
火事への対処法と備え
火災が起きた時の初期消火のやり方と日頃から気をつけるべきポイントをまとめています。
揃えておきたい防災グッズ
災害に備えて揃えておきたいアイテムをまとめています。
押し売り・訪問販売撃退法
押し売りや勧誘、訪問販売の撃退法と注意点をまとめています。
悪徳商法の種類と対策
一人暮らしの人が狙われやすい悪徳商法の種類と対策法をまとめています。
空き巣対策
空き巣に狙われやすい部屋の特徴と被害にあわないためにやっておきたいセキュリティ対策をまとめています。