悪徳商法の種類と対策

悪徳商法の種類

オペレーターの女性

 

悪徳商法には色々な種類があり、手口も巧妙かつ多彩です。被害に遭わないためにもパターンをある程度知っておく必要があります。種類はたくさんありますが、メジャーなものや一人暮らしの人がターゲットにされやすいものだけでも覚えておきたいです。

 

スポンサーリンク

 

マルチ商法

商品を購入させて、それを売ればマージンが手に入るとだます商法です。浄水器や健康食品、化粧品など、色々な商品が対象となりますが、高額な粗悪品が大半で購入者も買手を見つけることができません。

 

アポイントメントセールス

電話やはがき、メールで商品販売するための営業所に呼び出して強引に契約させる商法です。最初の連絡では契約や販売目的を告げず、「無料サービスです」「プレゼントに当選しました」とウソをつくため、出向いてしまう人もいます。

 

キャッチセールス

路上や駅前でプレゼントつきアンケートと称して声をかけ、喫茶店や営業所に連れ込み契約を迫る手法です。聞く耳をもってもらうために、ものすごい美人が男性に、ものすごいイケメンが女性に声をかけるという罠もあります。

 

催眠商法

閉鎖された会場で日用品などを安く買わせて、お得感に満足したころあいで高額な商品を売りつける手法です。その場の雰囲気と最初に格安で買った事実が正常な判断を失わせ、一種の催眠状態に陥るために高額なものまで安いと錯覚してしまいます。

 

ネガティブオプション

頼んでもいない商品を一方的に送りつけてきて、受け取ったら後日支払いを要求する手口です。送りつけ商法とも言われ、代引きが使われることもあります。

 

原野商法

「値上がりが約束されている」「今買うと得する」などと言って、価値のないものをボッタくり価格で売る手法です。原野商法の名の通り土地売買でトラブルが相次いだ商法ですが、賃貸でも似たようなグレーゾーンの売り文句があります。

 

悪徳商法への対策

押し売りや訪問販売と同じく、悪徳商法も基本的には無視するのが効果的な対策です。どんなにおいしい話があっても、執拗に声をかけられても徹底的に無視すれば被害を避けれます。

 

ネガティブオプションで物を送りつけられた場合であっても、支払いはおろか返送する必要すらありません。契約していない商品は受け取ってから14日後、もしくは業者に引き取りの連絡をしてから7日後には勝手に処分しても大丈夫です。

 

クーリングオフの利用

無視にまさる悪徳商法対策はありませんが、うっかり契約した場合はクーリングオフ制度を利用します。クーリングオフは期間や契約場所の条件を満たした状態なら、無条件で契約解除できる制度です。

 

利用できる基本期間は契約から8日以内が大半ですが、マルチ商法は20日まで可能なので泣き寝入りせずに確認します。「商品は未開封であること」「通販は適用外」など、最低限の適用条件を満たした上で、契約解除通知書(クーリングオフ通知書)を業者に送れば解除可能です。

 

悪徳商法の手口も多種多彩ですから、よくわからない場合や状況によっては消費者センターに相談することも検討しておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

地震への対処法と備え
地震が起きた時の対処法と日頃からできる備えをまとめています。
火事への対処法と備え
火災が起きた時の初期消火のやり方と日頃から気をつけるべきポイントをまとめています。
揃えておきたい防災グッズ
災害に備えて揃えておきたいアイテムをまとめています。
押し売り・訪問販売撃退法
押し売りや勧誘、訪問販売の撃退法と注意点をまとめています。
空き巣対策
空き巣に狙われやすい部屋の特徴と被害にあわないためにやっておきたいセキュリティ対策をまとめています。
女性の防犯対策
一人暮らしの女性がやっておくべき防犯対策をまとめています。