火事への対処法と備え

火事が起きた時の対処

踊り場の消火器

 

火事といっても、ボヤ程度の小さな火種であるならば落ち着いて対処すれば自分で消火できます。とはいえ、やみくもに水をかけたりすると余計に火が広がってしまいますから正しい初期消火のやり方は覚えておきたいです。

 

スポンサーリンク

 

初期消火の方法

燃えた物ごとの初期消火の方法をまとめます。火が小さいうちは自分で消火を試みますが、炎が消えずに天井まで広がったら自力での対処は諦めて、速やかに消防に通報、避難をして身の安全を優先すべきです。

 

電化製品

電化製品が発火した直後にやたらと水をかけると感電の危険が増すためNGです。コンセントを抜いてブレーカーをきり、その後で消火します。可能な限り消火器を利用するのが望ましいですが、ないなら水をかけます。

 

料理に使う油が燃えた時やガス関係を原因とする火災の場合も、やみくもに水をかけると炎が強くなり危険です。最初にガスの元栓を閉めてから、濡らしたシーツやタオルなどを火元にかぶせるようにして空気を通らせないようにします。

 

ふとん・カーテン

布団は表面の激しい炎が消えても中に火が残っていることがあるので、しつこいくらいに水をかけて火種を確実に消すのが大切です。煙がでなくなっても油断はできません。

 

カーテンに火がついた場合は、最初に燃えている部分をちぎって天井に広がるのを防ぎます。その後で、水や消火器を使えばOKです。バタバタと足ではたいて消火することもできますが、自分の服に燃え移らないように注意します。

 

衣服

もしも着ている衣服に火がついた時は、転げまわることで消火可能です。髪の毛の火は化学繊維以外のタオルなどを上からかぶって消火します。

 

避難時の注意点

事前の避難経路のチェックはもちろん大事ですが、逃げる時には必ず窓やドアを閉めることを忘れないようにします。窓やドアが開いたままだと空気の通り道ができてしまい、被害が広がる恐れがあるからです。しっかりとドアを閉めて避難を開始したら、他の住民に火事を知らせるように大声を出すようにします。

 

また、火事で本当に危険なのは炎による火傷よりも煙による呼吸困難です。煙の中を逃げる時は、鼻と口をハンカチやタオルでおさえて姿勢を低くするようにします。

 

火事への備え

万が一火事が起きた時のために日頃から最低限の備えはしておきたいです。特に、自分の不始末が原因で火事を起こさないために気をつけておくべきポイントは常に意識しておきます。

 

自分が火元を作らない

火事は電化製品の事故などよりも、不注意を原因とすることが圧倒的に多いです。「油料理の途中に離れる」「寝たばこ」「暖房器具のそばに燃えるものを置く」などなど、ちょっとしたことが火種となりますから、毎日の生活の中で自分が火事の原因とならないように注意しておきます。

 

コンロ

自分で設置するなら壁から離して周囲には燃えやすいものを置かないようにします。油を使う時は当然として、火を使うなら目を離さないようにし、離れる必要があるならわずかな時間であっても必ず火を止めるのが重要です。

 

タバコ

タバコは消したつもりでも消えていないことが多々あります。灰皿には常に水をはっておくべきですが、臭いがイヤなら寝る前だけでも水を入れるか、吸わないことです。布団やベッド上でのタバコは絶対にしてはいけません。

 

暖房器具

暖房器具は設置場所か、周囲に置くものに注意します。カーテンや衣類などの燃えやすいものは暖房器具から離れる状態にするのが大切です。

 

電化製品

コンセント周りにたまったホコリやゴミは、湿気によってショート、出火の原因になりますから定期的に掃除をしておきます。掃除をする時は、家電の裏側の隠れているコンセントにも注意しておきたいです。

 

コード類のタコ足配線や束ねすぎも熱をためることになりますから、配線に気をつけます。重たい家具や家電をコードの上に乗せるのも危険ですから、設置物の状況にあった改善が必要です。

 

共用部分

住宅の廊下や階段に雑誌や段ボールなどを置いている場合は片づけます。共用部分に私物を置くのはそもそもマナー違反ですし、放火の危険、被害の拡大につながるからです。いざ避難という時の障害物にもなってしまうので、常にスッキリした状態にしておきます。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

地震への対処法と備え
地震が起きた時の対処法と日頃からできる備えをまとめています。
揃えておきたい防災グッズ
災害に備えて揃えておきたいアイテムをまとめています。
押し売り・訪問販売撃退法
押し売りや勧誘、訪問販売の撃退法と注意点をまとめています。
悪徳商法の種類と対策
一人暮らしの人が狙われやすい悪徳商法の種類と対策法をまとめています。
空き巣対策
空き巣に狙われやすい部屋の特徴と被害にあわないためにやっておきたいセキュリティ対策をまとめています。
女性の防犯対策
一人暮らしの女性がやっておくべき防犯対策をまとめています。