一人暮らしで備えておきたい防災グッズ

災害への備えをしておく

非常用持出袋

 

地震や大雨、台風による被害が少なくない昨今は、日頃から災害対策グッズを備えておくのが重要です。一人暮らしでも避難場所に行けば物資の支援は受けれますが、ある程度の備えは常日頃からしておきましょう。

 

意外と盲点なのが、避難や支援が必要なほどではないけど2〜3日困るといった状態ですから、数日分の備えをしておくのが安心です。

 

スポンサーリンク

 

備えておきたい防災アイテム

防災グッズだけをまとめておくのも大変かもしれませんが、理想は一式まとめておくことにつきます。部屋のスペースの都合上難しい場合は、いざという時には普段使っているものから何をもっていけばいいのかの把握だけでもしておきたいです。

 

水分補給できるもの

人は1日に最低3リットルは水分が必要ですから、ペットボトルのミネラルウォーターを3〜4本は家に置いておきます。水を普段買わない場合はお茶などでもOKです。

 

食料

温めるだけで食べれるレトルト食品や缶詰などの非常食も常に備えておきます。クッキーやせんべいに代表される乾燥系のお菓子は日持ちしやすい上に、期限が過ぎたらおやつにすることも可能です。わざわざ食料を用意しなくても、病気の時用に備えておく非常食をそのまま災害時用に使うこともできます。

 

卓上コンロ・ボンベ

非常食を食べるように小さ目の卓上コンロとボンベをセットで揃えておきます。危険が迫っている時に持っていくのは困難ですが、実際になくて困ったと言われているものです。防災グッズをまとめておくなら常備しておきます。

 

懐中電灯

停電時や夜の移動に重宝します。明かりのない場所での行動が必要な場面もあるので、日常使うものをひとつ持っておくと安心です。

 

電池・充電器

防災グッズは色々ありますが電池がないと使えませんので、予備電池の用意が大切です。充電式のアイテムもありますから、必要に応じて充電器も用意します。

 

軍手

避難地域や災害後の作業でケガの防止に役立ちます。冬には手袋代わりとして利用できるので、もっておきたいです。

 

ウエットティッシュ

身体の汚れを拭くだけでなく、ケガの応急処置にも使えます。小さい袋ひとつでは心もとないので、複数用意しておくといいでしょう。最悪、掃除用のものでも代用できます。

 

携帯ラジオ

避難情報や災害状況、支援物資の配布など、重要な情報を知るのに必要です。ネットが使えない可能性もあるため、もっておくと安心です。

 

その他

チャッカマンやライターなど、火をつけるものがあると便利な機会が多いです。ただし、災害時に安易に使用すると危ないので、状況を見る必要があります。

 

包帯やばんそうこう、ガーゼといった医療用品や頭痛薬、かぜ薬などもあると万が一の時に便利です。病気への備えとして揃えているなら、そのまま持って行けます。

 

ナイフ、缶切り、ドライバーなど、持っておくと活躍する小物は他にもありますが、荷物が多くなるのは好ましくありません。必要なものがセットになった万能ナイフがあるなら、それだけでも万が一の時に助かります。

 

また、大規模な災害だと火事場泥棒がでてくることも珍しくありません。貴重品の類はできるだけもっていけるように日頃から置き場所も考えておきます。当然ですが、身の危険がせまっているなら安全を最優先するのは鉄則です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

地震への対処法と備え
地震が起きた時の対処法と日頃からできる備えをまとめています。
火事への対処法と備え
火災が起きた時の初期消火のやり方と日頃から気をつけるべきポイントをまとめています。
押し売り・訪問販売撃退法
押し売りや勧誘、訪問販売の撃退法と注意点をまとめています。
悪徳商法の種類と対策
一人暮らしの人が狙われやすい悪徳商法の種類と対策法をまとめています。
空き巣対策
空き巣に狙われやすい部屋の特徴と被害にあわないためにやっておきたいセキュリティ対策をまとめています。
女性の防犯対策
一人暮らしの女性がやっておくべき防犯対策をまとめています。