一人暮らしの布団の選び方

メインで使う布団選び

布団で眠る女性

 

毎日、毎晩必須となる布団は寝心地を大きく左右するので、引っ越し前から可能なかぎりこだわっておきたいです。

 

頻繁に買い換えるものでもありませんし、快適な睡眠時間の確保には欠かせませんから購入するなら思い切って奮発してもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

オールシーズン使える布団

一人暮らし用の布団を選ぶときは、かけ布団でも敷布団でも基本的に季節を問わず使えるものを選びます。夏用と冬用を分けたくても収納スペースはほぼないからです。

 

寒いのが苦手な場合は冬を想定して厚めの布団を選びます。夏よりも冬のほうが電気代は上がりやすく、布団だけでどれだけ温かくできるかは肝心です。

 

洗えるもの

布団の衛生面を維持するためには定期的な洗濯が欠かせませんが、布団によっては水洗い不可のものもあります。水洗いできない布団はクリーニング店で専用のドライクリーニングをしてもらう必要があるため、クリーニング店を使わないつもりなら気軽に水洗いできる布団を選ぶほうがいいでしょう。

 

防ダニ

気持ちよく寝るためにはダニが住みにくい環境も重要ですから、防ダニ加工された布団がおすすめです。ただし、防ダニ加工とはいってもダニがまったくいない状況にはなかなかなりませんから、定期的な掃除や天日干しはしておきましょう。

 

ちなみに、掃除機で吸っても天日干しをしても水洗いをしてもダニは簡単にいなくならず、専用のダニ除去スプレーなどが必要です。

 

布団の選び方

前提条件をふまえた上で、かけ布団と敷布団の選び方をまとめます。

 

かけ布団

かけ布団を選ぶときのポイントです。ベッドで寝る人もチェックしておきましょう。

重さ

かけ布団選びで特に重視しておきたいのが重さです。重くて温かい布団が好みの人もいるかもしれませんが、布団が重いと血の巡りが悪くなって体に負担がかかったり、就寝中に息苦しさを感じたりします。

 

圧迫感をあたえず適度な軽さの布団でないと、吸収した汗を放出するスペースもできません。さらに身体に布団がのしかかると、寝返りをうまくうてず結果として睡眠の質も下がります。

 

以上のような理由から、安眠するためには重いかけ布団よりも軽いかけ布団のほうが最適なのです。

 

素材

布団の詰め物には色々ありますが、人にとって最適な重さを実現しているのは羽毛です。寝やすいかけ布団の素材を聞かれたら羽毛一択と言っても過言ではありません。

 

羽毛の価格は加工の仕方や種類によって変わりピンキリです。こだわると高価な羽毛布団もありますが、手が出せる金額の範囲を決めてから選ぶといいでしょう。

 

敷布団

敷布団を選ぶときのポイントです。ベッドなら基本的には不要ですが、重ねて使いたい場合は覚えておくといいでしょう。

 

吸汗性と通気性

敷布団選びでもっとも重要なのが、汗を吸い取る性能です。人は季節を問わず眠っている間に大量の汗をかくので、布団にはそれだけ吸汗性能が求められます。

 

また、人の汗には様々な体の成分が含まれているため、吸収した汗を飛ばす通気性も大切です。通気性の低い布団で寝続けるとアレルギーや喘息のきっかけにもなります。

 

サイズ

敷布団の大きさは一般的なシングルむけサイズなら、大柄・高身長でないかぎり特に問題ありません。

 

ひとつポイントとなるのは、仰向けで寝たときに両肩から20cmほどの距離があるかです。左右合計40cm程度のスキマは狭さを感じない布団のサイズといわれていて、寝返りを無理なくうてる大きさでもあります。敷布団がゆったり寝れるサイズかが気になる時は、これを目安にするといいでしょう。

 

なお、ベッドの幅を決める時も同じような方法で、サイズの目安を知ることができます。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加