一人暮らしの水道光熱費を節約する方法

公共料金の節約

蛇口とブタの貯金箱

 

一人暮らしを始めると家賃や食費とあわせて、公共料金(電気・ガス・水道料金)の支払いに追われるものです。

 

実家暮らしのときは節約を考えたことがない人でも、一人暮らしをきっかけに出費を見直す機会もでてきます。

 

お財布に余裕をもたせるためには収入を増やすか・支出を減らすかの2択ですが、支出を減らすほうが遥かに簡単なので、固定費として毎月でていく公共料金のムダを見つけるのが大切です。

 

スポンサーリンク

 

水道光熱費の節約術

家賃は節約したくても自分ではどうにもできないため、食費に次いで節約できるのは水道光熱費になります。

 

節約して余ったお金もムダ使いせず、貯金や自己投資にまわして充実した一人暮らしをおくりましょう。

 

電気代の節約

周りを見渡すと電力で動くものは意外と多く、生活が便利になるほど電気代も高くなります。逆に電気をたくさん使っているなら、積極的な節電によって負担を減らすことが可能です。

 

オール電化ならばさらに節電の価値もでてくるので、電気代を減らす努力は惜しまないようにしましょう。

 

電気代の節約術

 

節電をする時は最初に契約アンペア数の確認や待機電力のカットなど、基本かつすぐにできることを実践します。

 

契約アンペア数の確認

待機電力の節約・節電術

 

日々の生活では電気代を高くする原因となっている家電を中心にムダを省くのがいいでしょう。コスパの悪い家電を思い切って処分したり買いかえるのも、長い目でみると節約になります。

 

ガス代の節約

ガスは料理やお風呂のときによく使いますが、気にしていないと意外とムダに使っています。電化製品を使ったほうがお得なケースも多々あるので、使い方を工夫するのがポイントです。

 

ガス代の節約術

 

自炊をあまりしない人はお風呂とシャワーで大半のガスを使うため、あまり負担にならないかもしれません。しかし、冬のガス代はかなり高くなるので、節約方法を覚えておくほうが思わぬ請求金額にビックリせずに済みます。

 

水道代の節約

水道代には使っても使わなくても支払う必要がある、最低下水料金があります。携帯の基本使用料のようなイメージです。

 

一人暮らしで普通に生活しても最低使用の範囲を超えないなら、節水しても毎月払う金額は変わりません。

 

ですから、節水に取り組むときは毎月の使用量が最低金額内におさまっているかを先に確認しておく必要があります。

 

節水の努力が水の泡にならないためにも、自分の生活の中に節水の必要性があるかをチェックしておきましょう。

 

普通に生活しているつもりでも、最低料金を超えて使用量に応じて請求金額が上乗せされているなら、節約をはじめる意味があります。

 

水道代の節約術

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

食費を節約する方法
一人暮らしで必要な毎月の食費をおさえる方法をまとめています。
食材を安く買う方法
食材を安く買うお店選びや節約につながる買い出しのコツをまとめています。
外食で節約する方法
外食時に使える節約術をまとめています。
夏の冷房代を節約する方法
クーラーを使わない電気代の節約術と夏の節電の注意点をまとめています。
冬の暖房代を節約する方法
暖房を使わない電気代の節約術と消費電力の少ない暖房器具をまとめています。
こたつを活用した節約術
消費電力が少なく電気料金も安いこたつを活用して暖房代を節約する方法をまとめています。
洋服代を節約する方法
衣服費の節約術と普段着を長持ちさせるコツをまとめています。
急な出費の例と医療費の節約
日常で起こりえる突然の出費の一例と医療費の節約術をまとめています。
100円ショップの注意点
100均を利用する時の注意点・落とし穴と賢い活用方法をまとめています。
日用品の節約術
毎日の生活に欠かせない生活用品や消耗品の節約方法をまとめています。
金券ショップの活用術
金券ショップを利用して格安チケットを手に入れる方法をまとめています。
米のとぎ汁の活用術
お米を洗ったときに出るとぎ汁を活用して節約する方法をまとめています。
無理なく簡単に節約する方法
一人暮らしで積極的に節約しなくても無意識のまま節約できる行動をまとめています。