不動産屋の営業トークに注意!

営業マンはあくまで契約重視

親指を立てる女性

 

不動産屋で話をきいたり相談する時は、営業トークにも注意が必要です。どんなに良い人であっても営業マンは契約のために部屋探しを手伝ってくれているのですから、全ての話を真に受けたり丸投げしていると後悔するかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

セールストークを真に受けない

営業マンのトークすべてを過剰に疑う必要はありませんが、「人気の部屋です」「今決めないと次は難しいです」「他にも入居希望者がいます」といった煽りはよくあります。

 

中には誰も借りない部屋ですら引く手あまたのようにアピールすることもあるので、冷静さは常にもつべきです。ひどい業者は「ここしかないです」と言ってセールストークにすらなっていない場合もありますが・・・

 

不動産会社の売り文句や常套手段はある程度は浸透しているため、「自分は大丈夫」と思うかもしれません。しかし、実際に部屋探しをはじめると手間もかかりますし、引っ越しシーズンにはライバルも多いため思うように決めれないものです。スケジュールの都合で本当に時間に余裕がないといったこともあります。

 

そうした中で煽られたり急かされると、「ここでいっか」と悪い意味で妥協することも多いです。実際に部屋を見て回る時に冷静さをたもてるように、下準備をしっかりしておくことも忘れてはいけません。

 

納得のいく部屋を見つける

営業トークを契約のためにするということは、言い換えるなら契約のためなら条件の良い部屋を隠したりはしません。希望が多すぎたり、扱う物件数や時期によっては紹介できない場合もありますが、同じ条件でもより良い部屋を紹介してくれます。出し惜しみして契約してもらえなかったら意味がないからです。

 

全ての条件を満たす部屋がなかったとしても、近い物件や希望にはないけど優れた部屋を見せてもらえるケースもあります。なので、自分が納得できる部屋のビジョンをある程度決めておけば、セールストークにのっても後悔しません。

 

何も考えずに煽られて契約すると後からもっといい部屋に気づいたときに後悔します。「あの営業マンめ!」と思ってしまうかもしれません。ですが、契約した後にいくら悪態ついても後の祭りです。明らかなウソを教えられた場合はまた別の話ですが・・

 

人の意見を聞いたり参考にするのは大切ですが、契約金を支払って実際に生活するのは自分自身です。なので、落ち着いて検討する気持ちも忘れないようにしましょう。

 

その場の雰囲気に冷静さを失いそうなら、持ち帰って検討するのも大切です。時間的な余裕を作るためにも早い時期から部屋探しをする必要があります。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

不動産屋での流れ
不動産屋を訪ねて賃貸契約をするまでのおおまかな流れをまとめています。
不動産屋の選び方
一人暮らしの部屋探しをする時の不動産会社の選び方や業者の信頼度を確認する方法をまとめています。
大手VS地元不動産屋
大手不動産屋と地元不動産屋それぞれのメリット、デメリットと部屋探しでどちらを選ぶべきかをまとめています。
不動産屋訪問時の注意点
不動産会社を訪ねるタイミングと服装、予約の有無といった注意点についてまとめています。
一人で不動産屋に行ってもOK?
一人で不動産会社に行かないほうがいい理由と同行してもらうのに最適な人をまとめています。
不動産屋で部屋の条件を伝える
不動産会社で譲れない部屋の条件を伝える必要性と希望の部屋が見つからない時の対処法をまとめています。