冷蔵庫の電気代節約術・節電方法

冷蔵庫の電気を節約

冷蔵庫のドア

 

冷蔵庫は他の家電と違い、コンセントをぬいて待機電力をカットしたりができません。中身を空っぽにして電源を切っておくこともできますが現実的な節電方法ではないため、できることはなるべく取り入れて節電する必要があります。

 

スポンサーリンク

 

冷蔵庫の節電テクニック

冷蔵庫の電気代を下げる節約テクニックです。置いておくだけでも電力を消費するので、意識して節約を実践しましょう。

 

ムダな開閉をやめる

冷蔵庫の節電術で鉄板の方法は、ムダな開閉をやめることです。冷蔵庫は開けたときに中の冷気が外にでて、温度が微妙にあがります。

 

ふたたび温度を下げるために電気代を使いますから、冷蔵庫の開閉時間を減らすのは節電に効果的です。

 

必要ない時にドアを開けないのはもちろん、取り出すときは一度で済むようにしましょう。

 

また、冷蔵庫の中をきちんと整理整頓しておくことでどこに何があるかすぐにわかり、開けっ放しの時間を減らせます。

 

詰め込みすぎも電気料金がかかるので注意です。

 

冷蔵庫カーテンに注意

冷蔵庫にカーテンをつける節電方法は冷気が逃げにくいため、節電効果はあります。ただ、中がわかりにくくなって結局ドアを開けている時間が長くなると意味がありません。

 

また、カーテンで遮られているドアポケット側には必要な冷気が行き渡らないため、食材によっては腐りやすくなります。ドアポケットは卵や牛乳といった、もともと日持ちしにくいものを入れるのが大半ですから、カーテンによる節電は逆効果です。

 

そのため、カーテンを取りつける時は、「冷蔵庫をあけなくても食材の位置がわかる」「ドアポケットに腐りやすいものを入れない」といった下準備をしておくようにしましょう。

 

飲み物は凍らせる

水分補給する機会も多い夏場は特に冷蔵庫を開ける回数も増えます。開ける頻度を減らすなら、冷凍室で飲み物を凍らせておくのがオススメです。

 

夏なら簡単に溶けますし、冷蔵庫にいちいちしまわなくても冷たい状態で飲めます。

 

設定温度を変える

冷蔵庫の設定温度が強ければ強いほど、電気代も高くなります。もっとも低い設定と高い設定では3割ほど電気代が変わるほどです。

 

常に電気代のかからない設定にするわけにもいかないので、季節にあわせて変更するといいでしょう。冬なら「弱」や高めの温度設定でも問題ありません。

 

設定温度を食材にあわせる

冷蔵庫の設定温度を高くしすぎると細菌が繁殖しやすくなります。食材によっては早くいたんで結果的に食費が高くなる可能性もあるため、季節と入れる食材にあわせた温度設定が大切です。

 

温かい食べ物をいれない

温かい食べ物をそのまま冷蔵庫にいれると、冷やすための電力消費量が上がります。温かいものは常温において熱がなくなってから入れるようにしましょう。

 

冷蔵庫の整理

冷蔵庫は配置の仕方で電気代も変わるので、周囲を整理してムダに電気をくわない状況を作るのも節電につながります。

 

冷却口

冷却口がふさがっていると効率よく全体を冷やすことができません。冷却口のまわりには物を置かず、電気のムダを省くようにしましょう。

 

冷蔵庫の周辺

冷蔵庫は稼働中は熱を放出しています。配置するときに放熱スペースを確保しないと、熱の逃げ場がなくなりそれを冷やすために余計に電力が必要になるのです。

 

冷蔵庫はカベにぴったりくっつけず、周辺に2〜3cm程度のスキマを作って設置するようにしましょう。

 

電子レンジを上に置く人も多いですが、節電を重視するなら上には何も置かないのが大切です。

 

本体の設置場所

ガスコンロや暖房器具の近く、直接日が当たる場所を避けて冷蔵庫を配置するのも大切です。熱を吸収しやすいほど、それだけ電気代も上がります。

 

他のものを動かす方がラクな場合は、冷蔵庫の位置はそのままにして熱を出すものを周りに置かないようにしましょう。

 

特に日が直接あたる場所は余計な電気代がかかるだけでなく、故障の原因にもなります。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加