エアコンの電気代節約術・節電方法

エアコンを賢く節電

エアコンの設定

 

エアコンは冷暖房やドライといった多彩な機能があり使う機会も多いですが、それだけ電気代も上がりやすいです。

 

もともとの消費電力も待機電力も大きいため、多用するなら使い方を工夫して上手に節約していきましょう。

 

スポンサーリンク

 

エアコンの節電方法

エアコンは季節に応じて使い方を変えれば簡単に節約できます。節電効果も高いだけに、電気代が負担なら節約は欠かせません。

 

最適な温度から1℃ガマン

暖房の最適な温度設定

 

エアコンには最適な設定温度があります。夏なら冷房で28℃、冬なら暖房で20℃が一般的にいわれる適した温度です。

 

そこからさらに1℃だけ温度を変えれば節約につながり、電気代も安くなります。夏なら1℃上げて冬なら1℃下げるだけで電気代が1割減るため、いつもの設定温度より1℃ズラすことを心がけましょう。

 

湿度にも注意

エアコンは室内の空気を乾燥させる原因ですから、温度とあわせて湿度にも気をつけたいです。

 

一般的に湿度が高いほうが体感温度も上がるので、冬は加湿器も使って室内が乾燥しすぎないようにしましょう。

 

夏は湿度が高くなりすぎると熱中症の危険がでてくるため、冷房とドライを使い分けるのも大切です。

 

風量の自動設定

温度設定とは別に風量の設定もありますが、これを自動にしておくのも節電に効果的です。「強」や「弱」では設定温度になっても風量そのままで運転し続けます。

 

自動設定なら設定温度に適した風を送り、暑すぎず寒すぎない部屋になるので、居心地のいい空間で無理なく節電可能です。

 

風量だけ弱くするのは逆効果

節電のために風量を「弱」や「微風」にする人もいますが、先に温度設定をしていないと意味がありません。エアコンは室温を設定温度にするときが最も電力を消費するからです。

 

適切な設定温度にしないまま風量だけ弱くすると、設定温度になるまでの時間が延びます。要するに、消費電力が大きい時間を長くしているだけで逆効果です。

 

風量は常に自動にしておき、温度設定を優先的に調整して正しい節電をするようにしましょう。

 

扇風機と併用

夏なら扇風機を使うことでさらに節電可能です。扇風機をまわせば冷えた空気が室内を循環するため、設定温度が高くても効果的に部屋を冷やすことができます。

 

低い温度設定でクーラーだけつけるよりも、高めの温度設定+扇風機のほうが涼しいときもあるので、扇風機も併用して効率よく部屋を冷やしましょう。

 

冬は吹き出し口を下向きにする

暖かい空気は部屋の上のほうに集まっていくので、エアコンの暖房を使うときは吹き出し口を下に向けるほうが効率よく室内が温まります。

 

暖気も冷気と同じく扇風機を使えば循環しやすくなるため、片づけていないならあわせて使えばさらに効果的です。

 

冬に扇風機を使うと寒く感じることもありますから、抵抗があるなら吹き出し口だけ下にしておくといいでしょう。

 

ドアや窓の開閉に注意

エアコンを使って室内の温度を快適にしても、ドアや窓を頻繁に開けたら空気が逃げてしまい消費電力があがってしまいます。

 

夏の冷たい空気・冬の暖かい空気を逃がさないように、エアコンの電源を入れている間は何度もドアや窓を開閉しないようにしましょう。

 

フィルターをマメに掃除する

フィルター掃除の様子

 

フィルターが詰まっているとエアコンの運転効率が下がるので、2週に1回、最低でも月に1回はフィルターを掃除しましょう。

 

ホコリや汚れを掃除機で吸って水洗いすればいいですが、干すのが手間ならホコリだけでも取り除くようにしておきたいです。

 

室外機に日かげを作る

エアコンの室外機の温度が上がると、稼働効率が悪くなりムダに電力を消費します。なので、直射日光があたらないように日よけを作るといいでしょう。水をかけて冷やす方法は故障の原因になるため、やめたほうがいいです。

 

賃貸に備え付けられているエアコンなら気にしなくていいですが、雨による劣化も日よけで防げます。

 

日よけをする時は、排出口を塞がない点だけ注意です。

 

室外機にも放熱スペースが必要

他の家電と同じく、エアコンの室外機も熱を効率的に排出するための放熱スペースを確保することが節電につながります。

 

一人暮らしではベランダの室外機周辺に物を置く人も多いですが、できるだけ片づけて室外機の周りに広い空間ができるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加