一人暮らしの水周り掃除のやり方とコツ

トイレと洗面所の掃除

洗面台掃除の様子

 

一人暮らしで室内と同じくらい人に見られやすいのが、サニタリー(トイレ、洗面所)です。使用頻度も多く汚れやすい、なおかつ臭いの原因となる場所でもあるので、手をつけるのが面倒になる前に掃除をしておきます。

 

毎日掃除するのは現実的ではないため、週に1回、2週に1回といった感じで自分ルールを作っておけば、常にキレイな状態で使用可能です。ちなみに、風水的には水周りをキレイにしたり、反射するもの(窓や鏡)を磨くと運気が上がると言われています。気にする人は入念にしておくといいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

トイレ掃除の基本

常に消臭スプレーを常備しておき、大きいほうをした後に使う、軽くブラシで磨くといった習慣をつけて臭いや汚れの発生を予防しておきます。汚れが目立ってきて掃除する場合は、トイレ専用の洗剤を使ってゴシゴシ磨き、汚れを落とします。目の細かいトイレ用ペーパー使えばブラシで届かない部分も掃除可能です。

 

トイレは便座の裏や下、便器と蓋の付け根、給水タンクの裏側など、目に見えない部分に汚れがこびりついていることもよくあります。中をブラシで磨くだけでなく雑巾も使って全体を拭くようにすれば、便器自体がピカピカです。

 

また、細かくて掃除しにくい箇所やしつこい汚れには、キッチン同様に酢や重曹が活躍します。

 

便器だけでなく、トイレの床も定期的に掃除しておきたいです。男性は特にハズした時はすぐに拭くのを心がけます。

 

洗面所の掃除

洗面台は水が残りやすいため、水垢ができやすくなっています。風呂用の洗剤やスポンジ、雑巾での水拭き程度でも簡単に落ちますが、汚れをためないのが大切です。歯を磨く時や顔を洗った時に軽く磨いたり、水気を残さないように使用後は拭き取ることを意識しておくだけで常に清潔な状態を保てます。

 

排水口は汚れがたまりやすいので、流して使う洗剤を定期的に使うのが楽です。

 

鏡は歯磨き粉と乾いた布で磨くとキレイになります。水垢がひどい場合は、研磨剤やスケール除去剤を使えばピカピカになるので、ひくほどキレイにしたいなら試す価値ありです。

 

その他、洗面所の床や洗面台の収納も汚れているなら掃除します。掃除が苦手な人は日頃から手間を減らすための工夫をしておくのも大切です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

室内の掃除
室内の掃除のやり方とコツをとりかかる順番にまとめています。
キッチンの掃除
台所掃除のやり方とコツをとりかかる順番にまとめています。
浴室の掃除
浴室の掃除のやり方とコツをとりかかる順番にまとめています。
洗い物の面倒さをなくす方法
料理と変わらないくらい面倒な食器洗いの手間を減らす方法をまとめています。
布団の手入れ・掃除方法
一人暮らしで最低限やっておくべき布団のメンテナンス方法をまとめています。
ベッド掃除の仕方・手入れ方法
一人暮らしでもできるベッドのメンテナンス方法をまとめています。
ゴミ出しを簡単にする方法
日頃のゴミ出しを簡単にする方法と生ごみ処理のポイントをまとめています。
カビ防止・湿気対策
部屋のカビ防止法、湿気対策を場所別にまとめています。
掃除の面倒さを解消
掃除をするのが面倒にならないようにする方法と日頃の備えをまとめています。
掃除の頻度とかかる時間
一人暮らしで掃除をする最適な頻度と掃除にかかる時間の目安を場所別にまとめています。