ベッド掃除の仕方・手入れ方法

ベッドを清潔に保つ

ベッドの枕元

 

一人暮らしではベッドを使う人も多いですが、他の家事に追われてベッド掃除まで手がまわらないこともよくあります。

 

長期間メンテナンスをしないとカビやダニの温床となるので、できる限り定期的に手入れをしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

ベッドパッドの掃除

ベッドのメンテナンスで手軽なのはパッドの掃除です。布団よりも軽くて干すのも簡単ですから、マットレスの掃除までなかなかできない人でもパッドだけは干すようにしましょう。

 

ベッドパッドによっては水洗い可能なタイプもあるので、定期的に洗濯をするだけでも全然ちがいます。

 

マットレスのメンテナンス

掃除機をかける

マットレスは重く、狭い一人暮らしの部屋で干すのは現実的ではありません。ですから、手入れをするときは最初に掃除機を使いましょう。

 

シーツ、パッドも外して掃除機を徹底的にかけ、ホコリを取り除くようにします。

 

マットレスの湿気をとる

マットレスの湿気をなくすには掃除のときに持ち上げて立てかけたり日にあてるのがベストですが、簡単に動かせない場合も多いです。

 

そこで、ベッドからマットレスだけを少しだけもちあげて間に缶詰や本などをかませて空間を作ります。こうすることで湿気がたまりやすいマットレスの下の風通しがよくなり、ダニやカビ予防になります。

 

また、部屋の窓を開けておくのも大切です。普段は開けない窓も開けたり開ける方向を変えるなどして、色々な方向に風の通り道を作るようにしましょう。

 

夏なら扇風機をまわすとさらに効果的です。

 

マットレスの向きを変える

マットレスを常に同じ方向で使っていると傷みやすくなります。掃除とあわせて動かすときは上下や裏表を変えるようにしましょう。

 

表と裏を変えるのは、マットレスを90度回転させて足元側にひき、頭側にひっくり返すのが簡単です。

 

ベッド下の掃除

ベッド下もホコリや湿気がたまりやすい場所ですから、掃除機をかけるときはベッド下も忘れないようにします。

 

部屋の窓を開けるだけでベッド下の湿気が十分とばないようなら、扇風機をベッド下にむけて回すようにしましょう。

 

足つきマットレスも同じやり方

足つきマットレスの場合も基本的なお手入れ方法は変わりません。

 

ベッドパッドの洗濯・天日干し、入念な掃除機、マットレス下のホコリと湿気対策を定期的におこないましょう。

 

通常のマットレスのように裏表をひっくり返すことはできませんが、上下の向きを変えることはできます。

 

カビやダニを防いで長持ちさせるなら、2〜3ヶ月に一度は頭と足の向きを反対にするようにしましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

室内の掃除
室内の掃除のやり方とコツをとりかかる順番にまとめています。
キッチンの掃除
台所掃除のやり方とコツをとりかかる順番にまとめています。
浴室の掃除
浴室の掃除のやり方とコツをとりかかる順番にまとめています。
水周りの掃除
トイレや洗面所、洗面台などの水周りの掃除のやり方とコツをまとめています。
洗い物の面倒さをなくす方法
料理と変わらないくらい面倒な食器洗いの手間を減らす方法をまとめています。
布団の手入れ・掃除方法
一人暮らしで最低限やっておくべき布団のメンテナンス方法をまとめています。
ゴミ出しを簡単にする方法
日頃のゴミ出しを簡単にする方法と生ごみ処理のポイントをまとめています。
カビ防止・湿気対策
部屋のカビ防止法、湿気対策を場所別にまとめています。
掃除の面倒さを解消
掃除をするのが面倒にならないようにする方法と日頃の備えをまとめています。
掃除の頻度とかかる時間
一人暮らしで掃除をする最適な頻度と掃除にかかる時間の目安を場所別にまとめています。