運転免許証の住所変更

免許証の変更は早めに!

車の運転席の女性

 

車の免許証をもっている場合は、引っ越し後に住所変更をしておきましょう。最初は覚えていても後回しにすると意外と忘れがちですし、変更の案内が届くわけでもないため、早めに済ませるのが吉です。

 

スポンサーリンク

 

免許証の住所を変更する

引っ越し後に運転免許証の住所を変更する時は、地域を管轄する警察署に行けば手続きができます。必要な持ち物は免許証と新しい住所を確認できるものです。新しい住所の確認書類には、住民票のコピーや公共料金の請求書、郵便物などがありますが、引っ越し直後なら役所で各種手続きをしたついでに住民票をもらっておくと手間を省けます。

 

県外からの引越しの場合は写真も必要です。場合によっては警察署で撮ってくれたりもしますが、写真写りを気にするなら自分で用意しておきます。住所変更自体にお金はいりませんが、写真を用意するなら必要です。

 

免許証の住所変更は更新日までの間ならいつでも可能ですが、身分証を求められたときに手軽に本人確認できるものなので、早めにしておくと後が楽になります。

 

免許証の住所変更をしないとどうなる?

運転免許証の住所変更は住民票の移動と違って、しなくても罰金などはありません。旧住所のままでも運転可能です。

 

ただし、住所変更をしていない場合は現在の住所の証明書として使えないといったデメリットがあります。もしも交通違反があった時には、呼び出しが古い住所の管轄の警察署からくることもあり、遠いと不便です。

 

また、更新日時を知らせるハガキが届かない可能性もあります。旧住所から転送するようにしていれば1年間は問題ないですが、その間に免許証の住所変更をしていなかったり賃貸から引っ越す場合は新住所にもハガキは届きません。

 

住民票の移動と運転免許の住所変更は別物なので、たとえ住民票を移動していてもハガキは届きませんし免許証の住所変更は必要です。

 

わたしも過去に免許証の住所変更をせずに更新のハガキが届かなったことがあります。住所変更をしていないからといって旧住所のエリアで更新手続きをする必要はありませんし、ハガキがなくても更新日時がわかっているなら、手続きは可能です。警察署か免許センターで問題なく更新手続きできます。

 

わたしの場合は引越した日から更新日時までがたまたま近かったので、住所変更せずにそのまま更新手続きをして新しい免許証に変更しました。旧住所が書かれた免許証を持っている期間自体が短かったので特に不都合はありませんでしたが、更新までの期間が何年もあるなら住所変更は早めにしておいたほうが便利です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

電気・ガス・水道の開通
引っ越し先で新しく電気・ガス・水道を開通する方法をまとめています。
住民票の移動
住民票の移動手続きのやり方を転出届、転入届とわけてまとめています。
その他の手続き・住所変更
重要な届出以外で引っ越し後に忘れずにやっておきたい手続きや住所変更をまとめています。