一人暮らしの電気・ガス・水道利用手続き

ライフラインの開通方法

桜の下で電話をする女性

 

電気・ガス・水道の開通手続きは不動産会社がしてくれる時もあります。その場合は渡された必要書類に記入するだけです。

 

自分で手続きをする場合も、不動産屋から教えてもらった連絡先に電話をすれば特に問題ありません。新住所と入居日だけ忘れないように注意します。

 

スポンサーリンク

 

電気利用手続き

電気の利用開始手続きは入居日が決まったら不動産会社が手配してくれることもあります。わたしの場合は初めて借りた部屋では特別何もしなくても利用できる状態にしてもらえました。

 

事前に不動産会社から契約書と一緒に電気利用手続きに関する書類を渡されるので、そちらに記入します。自分で郵送するのか、不動産屋に渡せば手続きをしてもらえるのかは要確認です。

 

自分で手続きをする必要がある場合は、電話で申し込みをします。電力会社の支店の番号などは不動産会社から教えてもらえるので、新居の住所と入居日だけ忘れないように注意して電話すればすぐに使用可能です。

 

口座の振り替えやクレジットカード払いにしておくと支払いが便利なので、必要であればそれらの手続きもあわせておこないます。口座やクレジットカード情報の登録手続きの関係上、最初は振込が必要になるかもしれませんが、その場合は送られてきた振込用紙を使用してコンビニや銀行で支払います。

 

インターネットでも自分で手続きをすすめることが可能です。ネット上の手続きでも口座登録やクレジットカード情報の登録手続きができるので、最初に確認しておくと後が楽になります。

 

入居してすぐはブレーカーが落ちていることもあるので、電気がつかない時は確認します。電気製品の電源を切ってからブレーカーをあげる点だけ注意です。何度もブレーカーが落ちてしまう時はアンペア数に問題があるため、連絡をして契約数の見直しをする必要があります。

 

水道利用手続き

水道の利用手続きも電気と同じく不動産会社がすすめてくれることが多いです。自分で手配する場合は、指定された電話番号(地域の水道課)に新住所と入居日、名前を伝えます。

 

事前に手続きを終えていれば入居後にはすぐに使えますが、元栓が閉まっていると水がでないので混乱しないように注意です。入居後は水道管が汚れているため、最初は少し水を流してから使用を開始します。

 

ガス利用手続き

電気と水道は事前に入居日を伝えるだけで使用可能になりますが、ガスだけは当日に立ち会いが必要です。連絡先は不動産会社から教えてもらえるので、あらかじめ入居日を連絡しておけばその日にはガス会社の人がきてくれます。

 

入居日以外を指定する場合でも、必ず自分が立ち会える時間を指定します。開通だけでなく各種点検も一緒にしてもらいますし、署名も必要だからです。あわせて口座引き落とし用の書類を渡されたりもするので、最初に手続きを済ませます。

 

都市ガスでもプロパンガスでも立会いが必要な点は変わりませんが、ガス会社によっては預り金や保証金を要求されることがあります。退去時には返金してもらえるお金ですが、1万円程度必要です。電話連絡をした時点で預り金の有無は教えてもらえるので、必要ならば用意しておきます。

 

開通の申し込みや口座振替の手続きはネットでもできるので、電気・ガス・水道とまとめて手続きをしておくと便利です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

住民票の移動
住民票の移動手続きのやり方を転出届、転入届とわけてまとめています。
免許証の住所変更
車の免許証の住所変更のやり方と変更しないデメリットをまとめています。
その他の手続き・住所変更
重要な届出以外で引っ越し後に忘れずにやっておきたい手続きや住所変更をまとめています。