一人暮らしのキッチン用品収納術

台所周りの整理

細かなキッチン用品

 

一人暮らしのキッチンスペースは狭いですから、収納方法に工夫が必要です。散らかっていたり使い勝手が悪いと自炊をする気もおきないため、思わず料理をしたくなるような空間づくりを心がけましょう。

 

スポンサーリンク

 

収納アイテムの用意

最初から備え付けられている食器棚や収納スペースを使うだけでは、調理器具や食器を収めるのでいっぱいいっぱいです。限られたスペースを少しでも広くつかうためには、収納グッズの利用は必要不可欠になります。

 

小分け収納用のかご

食器を大きさごとに分けたりカトラリー類だけをまとめてしまうのに、プラスチックのかごがあると便利です。100均にあるものなら同じ大きさや同色のサイズ違いも揃えやすく、後から簡単に買い足すこともできます。

 

半透明のものなら食器棚の中にたくさんあっても圧迫感を与えませんから、キッチン用品を整理する前に分類収納用のかごをいくつか用意しておきましょう。

 

吸盤つきのかごも壁にはりつけれるので、あると便利です。

 

調味料を入れるケース

使用頻度の多いしょう油や砂糖、塩、こしょう、みりんといった調味料をいれる容器も必要です。同系統のケースで揃えて外側にネームラベルを貼っておけば、見た目も使い勝手もよくなります。

 

ケースにいれた調味料は分類収納用のかごに入れればOKです。調味料専用の収納ラックを用意してもいいでしょう。

 

キッチン収納の基本

キッチンを広くつかうための収納の基本です。これだけでも見違えるほどキレイに整理されます。

 

ひっかける・吊り下げる

よく使うフライパンやお玉、フライ返しなどはシンク上の壁にひっかけるのが基本です。ひっかけることによってスペースが空くだけでなく、水切れもよくなり湿気対策にもなります。

 

キッチン周りの片づけはピッチリ収めるよりも通気性の確保が重要ですから、片づける時はどれだけ吊り下げれるかがポイントです。まな板や食器洗い用のスポンジ、キッチンばさみなどもできるだけ吊るすようにしましょう。ただし、包丁だけは危ないので、専用のスペースに収納します。

 

ひっかけ収納に使えるアイテムはS字フックや洗濯バサミ、かごバッグ、ウォールポケットなどです。かごバッグやウォールポケットは調理器具を整理するだけでなく、食材やふりかけなどを保存することもできます。空きスペースがあるなら活用しましょう。

 

よく使うものは目の前

キッチン周りを整理する時は、自分がよく使うものを手の届く範囲にしまうのが大切です。吊るせるからといって高すぎる場所によく使うものを置くと使い勝手が悪くなります。

 

自分の身長を基準にして、目の前には使用頻度の高いもの置くようにしましょう。

 

つり戸棚は使わないもの

キッチン上の戸棚はあまり使わない器具や予備アイテムの収納スペースにします。使うものは目の前か下、使わないものは上を徹底しましょう。

 

食器

食器類はお椀やどんぶりなどの深さのあるものと、皿系の薄いものがあります。深さのある食器は重ねて棚にしまい、薄い皿は立てるのがおすすめです。

 

毎日つかう茶碗や箸、しゃもじは専用のケースを用意して室内に収納する方法もあります。キッチンカートがあるなら、米びつや炊飯器と一緒にしておけば使いやすいです。

 

皿は重ねて引き出しにしまうと取り出す時が手間になります。ディッシュスタンドを用意して立てるのがもっとも数を収納でき、通気性の確保もできる方法です。

 

シンク下の活用

シンク下のスペースもそのまま調理器具をしまうだけではもったいないです。ラックを置けば縦に収納スペースが活用できるので、収納前に設置しましょう。

 

しまう時も手前によく使うもの、奥にあまり使わないものを入れると取り出す時も便利です。

 

また、扉の裏側も有効活用できるスペースになります。ビニール袋を入れるスペースにしたり、なべ蓋を吊り下げるようにすれば、空間を無駄にせず収納可能です。

 

買いだめ食品をムダにしない工夫

食費の節約を考えてスーパーの安売りの日に買いだめをすることもありますが、結局使わなかったら意味がありません。

 

台所の整理をする時は買った食材や食品を無駄にしないような工夫も大切です。

 

賞味期限の違いでわける

賞味期限に大きく違いがあるものを一緒にしまうと、効率よく食品を使いきれません。日持ちしないものはできるだけ早めに使い切り、長持ちするものはキッチン以外で保管します。

 

予備の調味料や缶詰などは年単位で使えるものも多いため、日頃使うキッチンに収納すると邪魔に感じるかもしれません。長期保存用の専用容器などを使って、別の場所にしまっておくとキッチンの収納スペースを無駄にしないですみます。

 

真空パックやドライフード専用容器など、長期保存用の容器も色々な種類があるので、手元の食材にあわせて使いわけましょう。冷蔵庫の中を整理する時にも活躍します。

 

無駄な食材・調理器具の見直し

買いすぎた食材や使わない食器、調理器具などの見なおしも片づけには重要です。収納に工夫をしても無駄なものが多ければどうしても限界がきてしまいます。

 

スッキリ収納するのが苦手なら、片づけを始める前に不用品の仕分けをしておくといいでしょう。自炊の頻度や食生活のパターンは一人暮らしならある程度決まってくるので、必要かどうかの判断も難しくありません。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

家電や家具配置のポイント
一人暮らしの部屋に家電や家具を設置する時の注意点やレイアウトのコツをまとめています。
片づけのコツ
一人暮らしの片づけの基本とコツを場所別にまとめています。
洋服の収納術
一人暮らしの部屋で衣類を上手に収納するコツをまとめています。
衣替えのやり方
収納が少なく狭い一人暮らしの部屋でもできる衣替えの仕方をまとめています。
下駄箱の収納術
賃貸住宅の小さな下駄箱に上手に収納する方法と湿気・カビ予防にやっておくことをまとめています。