不動産チラシの徒歩表示と実際の違い

徒歩表示と現実の時間の違い

矢印と足

 

物件チラシや賃貸情報を見ると、○○駅から徒歩何分といった表示が見つかります。駅までにかかる時間を知らないと通勤や通学時間に影響するので、徒歩表示も部屋選びの参考にする人は多いです。

 

よくある話で、たとえば徒歩10分と書いてあるのに実際に歩いたら10分以上かかったというケースがあります。信号待ちの時間があったとしても明らかに実際の時間と違うことは珍しくありません。どうしてこのような違いが起こるのかを説明します。

 

スポンサーリンク

 

徒歩表示の計算方法

表示と現実の時間が違うのを不動産屋の虚偽広告と考えるかもしれませんが、徒歩表示の時間を出す計算方法は決まっているんです。

 

法律で定められている徒歩で移動した時の所要時間は、「道路距離80mにつき1分」として表示されています。信号待ちなどの時間は含まれていません。1分未満の時間だった場合は1分に切り上げて表示する決まりです。不動産屋はこの決まりにそって時間表示をしています。

 

なぜ時間が違うのか?

大前提の決まりとなる「道路80mを1分」というと結構な早足です。歩幅によっては走る必要もあります。道路の距離だけなので、曲がりくねった道や建物が入り組んでいる場所なら想像以上に時間がかかるかもしれません。

 

道路自体の距離を正確に計っているわけでもないので、距離も大雑把です。地図から直線距離をある程度測って、それを80mで割ります。

 

仮に1qなら1000(m)÷80(m)=12分30秒です。本来の計算方法で表示するなら13分となります。

 

ただ、正しい計算方法に基づいた表示にしてもアバウトな直線距離とそこそこの早足が元の計算基準になっているので、普通に移動したら表示以上に時間がかかるのは仕方ありません。

 

道路の距離を正確に測っても信号待ちは関係ないうえに道路のみなので、これまた現実の時間は違ってきます。

 

歩くスピードも人によって違いますから、結局どうやっても徒歩表示と現実の時間にズレが生じるわけです。同じ5分、10分表示でも移動時間が全然違うので、下見の時に自分の足で歩いて確認するのが大切になります。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

情報収集手段の注意点
一人暮らしむけ部屋探しの情報収集手段の特徴と掲載されている情報の違いや注意点をまとめています。
間取り図の見方
間取り図の見方と使われる用語や設備の意味、見る時の注意点をまとめています。
マンションとアパートの違い
マンションとアパート、ハイツやコーポの構造や防音性、家賃の違いをまとめています。
1階と2階以上の違い
賃貸住宅の階数による特徴の違いやメリット・デメリットをまとめています。
女性の安全対策
セキュリティ面を重視した場合に希望に入れておきたい部屋の設備や物件の条件をまとめています。
格安物件の注意点
家賃が地域相場より極端に低い訳あり物件の注意点をまとめています。
ゼロゼロ物件のデメリット
敷金・礼金不要の賃貸物件のデメリットや注意点をまとめています。