女性が部屋探しをするなら安全面も条件にいれよう

男女で変わる部屋の条件

夜道を歩く女性

 

男性も女性も基本的には家賃、間取り(広さ)、設備の順に優先順位が高くなります。鉄板の条件をおさえた上で、特に女性が条件に入れておきたいのはセキュリティ面です。

 

一人暮らしの女性を狙う輩は多く、いつどこで被害にあうか予想できないので、防犯に関する条件の優先順位は上げておくべきです。

 

スポンサーリンク

 

階数だけが防犯ではない

もともと男性よりも女性はセキュリティを重視する傾向にありますが、それでも日当たりや内装重視には及びません。

 

安全面を考慮した結果、階数を重視する人も多いです。しかし、高層階になるとエレベーターで知らない人と2人っきりになる時間が長くなったり、万が一不審人物がいた時に逃げれないというデメリットもあります。

 

防犯を意識して高層階にしたつもりが裏目にでることもあるので、セキュリティを重視した部屋選びの正しいやり方を知っておくと安心です。

 

防犯を意識した部屋選びの条件

セキュリティ面の優先順位を上げたい場合、具体的につけたい条件はいくつかあります。

 

1階は避けて中層階を選ぶ

1階は下着泥棒の被害に遭いやすいです。2階でも安心というわけではありません。高層階だとエレベーターでの移動時間が心配なので、中層階がベターな選択になります。

 

モニター付きのインターホン

ドアホンが鳴った時に部屋の中から呼び出している人物を確認できます。不審者なら顔も見せずに門前払いです。モニターがない物件でも、建物全体の入り口がオートロックになっていて住民が空けないと入れないところを選ぶと安全です。こうした物件では基本的に招かれていない人物は、部屋の前はおろかエレベーターや階段にすら入れません。

 

ただし、荷物を届けるふりをしたり、他の住民を装って誰かの帰宅時に侵入してきたりもあるので、油断は禁物です。身に覚えのない人物が来たときはたとえ直接対面する状況でもドアのチェーンは外さないのが大切です。

 

オートロック機能の注意点

オートロックは便利ですが部屋まで自動で閉まるわけではありませんので、自分で戸締りするクセを忘れたり防犯を怠ってはいけません。

 

特に窓はきちんと鍵をしめないと簡単に侵入されます。

 

駅から中途半端な距離の物件

駅まで歩いて3分や逆に車がないと行けないような遠い物件は移動手段がある程度決まります。ただ距離が中途半端な物件は移動手段や帰宅時間に注意が必要です。たとえば、徒歩で20分程度の場所だと車も自転車もないならないでいいですが、徒歩だと移動中に狙われる危険がつきまといます。

 

特に帰宅時間が遅くなる女性は夜遅くに徒歩での移動時間が長くなる状態は避けるべきです。駅から距離が中途半端にある場合は徒歩以外の移動手段も用意しておきます。バスは不便だったり車は経済事情もあるため、自転車がおすすめです。

 

また、街の中心エリアから外れる物件は道の外灯の数や店先の明かりにも注目します。道が明るく人通りも多いならそれだけ安心感が違うので、夜の環境チェックは大事です。もちろん駅近くであっても真っ暗で物騒だったり、治安が悪いなら避けるのが防犯対策では重要になります。

 

女性一人の雰囲気を消す

実際に住み始めたらできるかぎり「女性が一人暮らしをしています」とわかるような状況は作らないことです。防犯のために男性の下着を干したり靴を並べる人もいます。そこまでできなかったとしても、外から見えるカーテンの柄を女性っぽくしないといった対策なら可能です。

 

カーテンの選び方

 

防犯グッズの活用

セキュリティや防犯設備が最高級になると安心ですが家賃も高くなるため、現実には防犯上の条件にも限界があります。

 

仮に物件の防犯対策が優れていても、頼りすぎて自分でできることまでしないのも好ましくありません。なので、防犯グッズは積極的に用意して常に備えるようにするのが大切です。

 

部屋に設置して使うものだけでなく、自分が持ち歩くものも用意してリスクを最小限にしておきましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

情報収集手段の注意点
一人暮らしむけ部屋探しの情報収集手段の特徴と掲載されている情報の違いや注意点をまとめています。
間取り図の見方
間取り図の見方と使われる用語や設備の意味、見る時の注意点をまとめています。
マンションとアパートの違い
マンションとアパート、ハイツやコーポの構造や防音性、家賃の違いをまとめています。
徒歩表示について
物件情報の徒歩表示が実際に歩くと違う理由と時間の計算方法をまとめています。
1階と2階以上の違い
賃貸住宅の階数による特徴の違いやメリット・デメリットをまとめています。
格安物件の注意点
家賃が地域相場より極端に低い訳あり物件の注意点をまとめています。
ゼロゼロ物件のデメリット
敷金・礼金不要の賃貸物件のデメリットや注意点をまとめています。