賃貸の1階と2階以上の違い

階層で変わる家賃

階段

 

同じアパートやマンションでも1階と2階以上では家賃に違いがあります。一般的には階層があがればあがるほど家賃も高くなっていき、最上階が一番高いです。

 

家賃に差が出る理由は1階の家賃を基本として決まっているからで、たとえば1階が5万なら2階は5万2000円といった具合に比率が上がります。

 

ただし、物件によっては階層による家賃に差がないこともあるので、必ずしも「上層階=高い」とはなりません。角部屋も差があるケースは多いですが、同じ家賃の時もあります。

 

スポンサーリンク

 

1階 VS 2階以上

「1階は泥棒に入られやすい」という話を聞いたことがあるかもしれません。たしかに被害に遭いやすいのはデメリットのひとつですが、家賃に差がある分、2階以上がいつも良い条件というわけでもないです。

 

1階のメリット・デメリット

メリット

  • 引っ越しの時や重い荷物を運ぶ時、忘れ物をした時に便利
  • 下の部屋を気にする必要がない
  • エレベーターの待ち時間で遅刻する可能性がない
  • セキュリティが充実しているなら上層階より安全な場合もある
  • 災害・非常時にすぐ逃げれる
  • 夏は比較的涼しい

 

デメリット

  • 日があたりにくい
  • 冬は室温が下がりやすい
  • 人の音や車の音が聞こえやすい
  • 外から虫が侵入しやすい
  • 台風により浸水被害にあいやすい

 

2階以上のメリット・デメリット

メリット

  • 風通しがよく室温が安定しやすい
  • 日当たりがいいと冬でも割と暖かい
  • 周囲の音(車や子供の声など)が気にならない
  • 虫が入ってきにくい
  • 高層なら景色も最高

 

デメリット

  • 日当たりがよすぎると室温が高くなりやすい
  • エレベーターがすぐにこないで通勤・通学に影響することも
  • 3、4階でエレベーターなしだと不便
  • ベランダに鳥が糞をしたりする
  • 上下左右の部屋を気にする必要がある(角部屋・最上階は別)

 

実際に部屋を見て階数を決める

物件の構造や間取りによっても変わってきますが、高層階でも日当たりがすこぶる悪い場合や1階でも静かな部屋はあります。防犯に関しても同様で、「高層階だから大丈夫」と油断していると思わぬ被害にあうかもしれません。

 

「1階は危険」「住むならより上の階」と決めつけてしまうよりも、建物や部屋を実際に見て生活をイメージしながら総合的に判断するのが好ましいです。

 

高層階の部屋を借りた友人が遅刻魔になり、日増しに引きこもりになったりしたこともあるので、生活の基盤を崩さずに住める階層選びをおすすめします。

 

生活パターンによっては1階のほうが家賃が安くて住み心地がいい場合も少なくはないです。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

情報収集手段の注意点
一人暮らしむけ部屋探しの情報収集手段の特徴と掲載されている情報の違いや注意点をまとめています。
間取り図の見方
間取り図の見方と使われる用語や設備の意味、見る時の注意点をまとめています。
マンションとアパートの違い
マンションとアパート、ハイツやコーポの構造や防音性、家賃の違いをまとめています。
徒歩表示について
物件情報の徒歩表示が実際に歩くと違う理由と時間の計算方法をまとめています。
女性の安全対策
セキュリティ面を重視した場合に希望に入れておきたい部屋の設備や物件の条件をまとめています。
格安物件の注意点
家賃が地域相場より極端に低い訳あり物件の注意点をまとめています。
ゼロゼロ物件のデメリット
敷金・礼金不要の賃貸物件のデメリットや注意点をまとめています。