マンションとアパート・ハイツ・コーポの違い

マンションとアパートの違い

マンションの外観

 

部屋を探すときに「絶対にマンションに住む!」「安いアパートから探す」といった方法をとる人もいますが、アパートとマンションの違いを知らないままこのやり方で探すと損をする可能性があります。

 

失敗を防げるだけでなく妥協する必要がなくなる場面もでてくるため、両者の違いを知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

名称が違うだけ

実はアパートとマンションは名前が違うだけで法律上は名称の決まりがありません。構造(鉄骨、3階建てなど)によって一応の基準がありますが、「これならマンション、これならアパート」という分類はなく、不動産会社や大家さんのさじ加減で呼び方が変わります。

 

イメージ的にはアパートと言いたくなるような建物でもマンションで通りますし、極端な話一戸建てでも持ち主がマンションだと言うならマンションになるんです。

 

部屋を探す時には一般的に頭でイメージできる、アパート、マンションで間違いありません。アパートなら2階建までの木造か鉄骨(S)、マンションなら3階建以上の鉄筋コンクリート(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)になります。よほど悪質な広告でもない限り、想像通りの建物です。

 

構造の特徴と違い

木造と鉄筋コンクリートでは建物の強度や防音性が違います。名前の違いよりも構造の特徴を知るほうが大切です。

 

木造

木造は音が響きやすい、漏れやすいとよく言われますが、部屋の位置や間取りによってはまったく気にならないこともあります。また、木造だから家賃が安いというわけではなく、築年数が浅くないと構造は家賃に影響しません。

 

鉄骨

鉄骨の防音性は部屋同士の間がコンクリートか木かで変わります。コンクリートで固めている場合は鉄筋コンクリートと同じくらい防音性が高いです。逆に木の場合は木造並に響くこともあります。

 

鉄筋コンクリート

鉄筋で枠組みを作りコンクリートで固めたのが鉄筋コンクリートです。頑丈で防音性も優れています。高層マンションになると、鉄骨と鉄筋を使った鉄骨鉄筋コンクリートになりますが、そこまで気にする必要はありません。

 

ハイツ・コーポとの違い

似たようなものでハイツやコーポもありますが、これらも呼び方の違いしかありません。ハイツには一応、高台にある家という意味がありますが、見た目はアパートそのものなのにハイツという名称の物件も見つかります。お洒落に聞こえるからハイツやコーポと呼んでいるだけです。

 

イメージで分けるなら、「マンション=高い建物」「ハイツ・コーポ=中くらいの建物」「アパート=低い建物」といった感じになります。建物の規模も家賃もおおむねこのように分かれているので、想像とかけ離れることは少ないはずです。

 

家賃の違い

家賃は「アパート=安い」「マンション=高い」というイメージが一般的です。木造と鉄筋コンクリートの違いではなく、防音性が家賃に反映されています。

 

ただし、築年数によっては木造アパートが鉄骨より高くなることもあるので、家賃を重視する時には「構造」から安さを求めないように注意です。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

情報収集手段の注意点
一人暮らしむけ部屋探しの情報収集手段の特徴と掲載されている情報の違いや注意点をまとめています。
間取り図の見方
間取り図の見方と使われる用語や設備の意味、見る時の注意点をまとめています。
徒歩表示について
物件情報の徒歩表示が実際に歩くと違う理由と時間の計算方法をまとめています。
1階と2階以上の違い
賃貸住宅の階数による特徴の違いやメリット・デメリットをまとめています。
女性の安全対策
セキュリティ面を重視した場合に希望に入れておきたい部屋の設備や物件の条件をまとめています。
格安物件の注意点
家賃が地域相場より極端に低い訳あり物件の注意点をまとめています。
ゼロゼロ物件のデメリット
敷金・礼金不要の賃貸物件のデメリットや注意点をまとめています。