一人暮らしのベッドの選び方

ベッド選びのポイント

ベッド

 

一人暮らしの家具で一番場所をとるのがベッドですが、ソファは諦めてもベッドは絶対に欲しいと言う人も少なくないです。

 

サイズや寝心地、価格など、気にしておきたいポイントも複数あるため、慎重に選んで失敗は何としても避けるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

サイズ

部屋の広さはベッドのサイズを決める時に重要ですが、ダブルベッド以外なら6畳一間でも十分に納まります。そのため、体型や身長からサイズを選ぶほうが寝心地のいいものを見つけやすいです。

 

一般的なシングルベッドは幅が100cmほどで、誰でも寝れるサイズになります。小柄な女性ならそれよりも小さいセミシングルタイプ(幅85cmほど)を選ぶと、部屋に空きスペースを作りやすいです。

 

高身長、大柄な人や体型は普通だけど大きいサイズのベッドを広々使いたい場合は、セミダブルベッド(幅120cm以上)を選ぶといいでしょう。

 

幅が140cmを超えるダブルベッドになると2人で寝ることもできますが、一人暮らしの部屋には大きすぎて窮屈に感じてしまいます。

 

ベッドの長さは180cm〜200cmの間から身長に合わせて選ぶのが基本です。180cm代が小柄な女性むけ、200cm代が長身男性向けとなります。

 

マットレス

ベッドとマットレス、フレームが全てセットになっているなら特に気にする必要はありません。別売りを買う場合は、身体が沈むほど柔らかいものや腰やお尻に負担がかかるほど硬いものは避けるようにします。

 

サイズはベッドサイズに合わせて選べば問題ありませんが、同じシングルという表記でも大きさは微妙に違うため、事前確認は必須です。

 

脚つきマットレスならお手頃価格で購入できますが、寝る以外の機能には期待できません。

 

ベッドフレーム

ベッドとセットになっている場合と、マットレスが脚つきの場合はベッドフレームの購入は不要です。サイズはマットレスを基準に選びます。機能にこだわると価格も上がるのが難点です。

 

最初は別々に買うよりも、ひとつ買えばベッドとして使えるものを選ぶのをおすすめします。

 

収納の有無

スペースが限られた一人暮らしの部屋で、ベッドを寝る場所だけにするのはもったいないです。収納が少ない部屋をより有効活用するためにも、ベッドの下に収納スペースを作れるようにしましょう。

 

もともと収納がついているベッドでもいいですし、組み立て式のパイプベッドの場合でも衣装ケースが下に入るくらいの高さは欲しいです。

 

ローベッドはコンパクトに収まって部屋が広く見えますが、下に収納場所が作れないため一人暮らしには向きません。

 

ヘッドボードの有無

ヘッドボードの有無は枕周りの整理とベッドの使い勝手を左右します。あった方が便利です。ヘッドボードがないベッドと比べて設置スペースが必要になりますが、気になるほどではありません。

 

照明や電源つきなど、多機能になるほど価格が高くなるのがデメリットです。予算が許さないなら、最低でも目覚まし時計を置ける場所があるものを選ぶといいでしょう。

 

照明が欲しいならベッドライトを買い足すこともできるので、機能面はそこそこで妥協する必要があります。

 

その他のベッド

一人暮らしで通常のベッド以外に候補となるのは、ソファベッドかロフトベッドです。どちらも置くものが限られる部屋で役立ちます。

 

ソファベッド

ベッドもソファも欲しいという願いを叶えるならソファベッドが最適です。コンパクトにたたむこともできるので、寝る専用のベッドや布団と使い分けることもできます。友人や恋人が泊りにきた時のサブベッドとしても活躍するので、候補にしてもいいでしょう。

 

ロフトベッド

ロフトベッドは収納つきベッド以上に空間を使えるのが最大の強みです。わたしも2台目のベッドはロフトベッドにしました。

 

ベッドの下にデスクや物干し竿を置くこともでき、単純に部屋のスペースが倍使えます。重量の問題で完全に一人でしか寝れない点と、種類が豊富で選び方が難しい点がデメリットです。検討する場合はよく吟味する必要があります。

 

ロフトベッドの選び方

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加