アンペア数の変更で電気代を節約する方法

契約アンペア数を変える

ブレーカーのスイッチ

 

電気代は契約アンペア数ごとに基本料金が決まっているので、アンペア数を減らすことで毎月の電気代を安くできます。

 

賃貸の一人暮らしなら契約アンペア数を把握していないことも珍しくないため、一度確認して節約につなげましょう。

 

スポンサーリンク

 

契約アンペア数を変える方法

まず、電気を開通するときに何も変更していなければ、30〜40アンペアの契約になっているはずです。わからない場合はブレーカーの色を確認したり電力会社に問い合わせて、把握しておく必要があります。

 

たとえば東京電力なら緑が30アンペアで、灰色なら40アンペアです。茶色なら50アンペア、紫なら60アンペアなので、電気代をムダに支払っている可能性もあります。

 

地域の電力会社によって対応する色が違うため、事前に確認しておきましょう。

 

家電にかかるアンペア数

現在の契約アンペア数がわかったら、主要家電にかかるアンペア数を把握しておきます。

 

エアコン 15A
IHヒーター 13A
電子レンジ 15A
掃除機 10A
ドライヤー 10A
炊飯器 10A
洗濯機  5A

 

比較的消費電力が多いのは以上です。もっと少ない場合やもっと多い場合もあります。

 

テレビや冷蔵庫は消費電力が少ないため、部屋の電気をつけてテレビを見ながら洗濯機をまわしても20アンペアを超えません。

 

電子レンジや炊飯器を使うともっと電力が必要ですが、生活スタイルによってはアンペア数が意外と少なくても問題ないのがわかります。

 

電化製品の使用状況や自炊頻度など、生活スタイルを考慮した上で、どの程度のアンペア数があれば生活に支障がないかを確認してみてはどうでしょうか。

 

基本の契約アンペア数は大家さんか管理会社に連絡した上で、電力会社に問い合わせれば変更できます。

 

変更時の注意点

思い切って契約アンペア数を一気に下げるのも手ですが、アンペア数にあわせた生活をするのは大変です。

 

特に夏と冬では電気の使用量も変わるため、一番電気を使う季節を考慮する必要があります。

 

一度アンペア数を変更すると1年間は再変更もできないので、「無理だったら戻せばいいや」と簡単に変えないように注意です。

 

また、極端に低すぎるアンペア数だと不便な生活を強いられます。特に10アンペアだと電子レンジを使っただけでブレーカーが落ちるので、まともに生活できないかもしれません。オール電化の場合はなおさらです。

 

不必要に契約アンペア数が多いなら変更すべきですが、無理なく生活できる範囲にとどめておきましょう。

 

逆に、ちょっと家電を使っただけでブレーカーが落ちるならアンペア数不足なので、契約数を増やすか同時に複数の家電を使わないといった工夫が必要です。

 

生活に不都合がなくムダもないベストなアンペア数を見つければ毎月の電気代が下がるので、一度は見直してみましょう。

スポンサーリンク

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加